【医師監修】EBウイルス感染症の症状・原因・検査・治療まとめ

監修医師プロフィール:山中岳先生の写真山中岳 先生

平成8年医師免許取得 東京医科大学病院小児科。

子供の心身の成長に向き合う現場を20年以上経験する医師。経験に加え、日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医・指導医、日本てんかん学会専門医・指導医、と数多くの資格を所持。日々、てんかんや熱性けいれんなどのけいれん性疾患、頭痛、発達の遅れ、脳性麻痺など、主に神経疾患のお子さんの診察を行っています。

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/shoni/staff/294.html


EBウイルス
皆さんは「EBウイルス感染症」という単語を聞いたことがありますか?あまり耳慣れない言葉ですが、実はとても身近な病気なのです。特に幼少期にかかりやすい病気で、大人になるまでになる確率はとても高いとされています。お子さんがいらっしゃるお母さんにとっては心配な病気ですよね。今回はEBウイルス感染症とはどういう病気なのか、ということを学んでいきましょう。

EBウイルス感染症とは?

医師が教える注意
「EBウイルス」とは「エプスタイン・バー・ウイルス(Epstein-Barr virus)」の略称で、発見者の名にちなんでつけられたとされています。ヘルペスやみずぼうそうを引き起こす原因ともなるヘルペス属のウイルスです。このウイルスはその名の通り人から人へと感染することによって発症します。人の唾液を介して伝染するため「キス病」の異名も持っています。一度感染すると免疫がつくため、二度発症することはないとされています。成人までにほとんどの人が感染済みというデータも出ています。感染から発症までの潜伏期間は4~6週間と比較的長めなことが特徴です。

EBウイルス感染症になる原因は?

EBウイルスの感染経路は唾液であるため、キスや飲み物の回し飲みなどによって感染します。子どもの場合、くしゃみをしたことによって飛沫(ひまつ)感染することも考えられます。発症後も唾液や鼻水によって二次感染する可能性があるため、飲み物の回し飲みや鼻をかんだ後のティッシュの処理などはいつも以上に気を付けましょう。

EBウイルス感染症の症状

潜伏期間の長いウイルスであるため、超初期状態では症状が出ない場合が多いです。特に乳幼児の場合は感染していても症状が出ないことがほとんどです。また、そのまま症状が出ないままの場合もあります。多くは、感染していても症状がでない、または風邪に似たような症状がみられますが、ひどい場合は、38℃程度の高熱が1週間程度続くことも。このように悪化した場合は伝染性単核症や慢性活動性EBウイルス感染症などになることもあります。

伝染性単核症

伝染性単核症になった場合、食欲がうせて倦怠(けんたい)感が続き、リンパ節が腫れて扁桃(へんとう)腺炎になります。まぶたが腫れ、発疹が出ることもあります。伝染性単核症になると9割以上の人が38℃以上の高熱がしばらく続き、くびのリンパ節が腫れることが多いです。3日以上高熱が続いた場合は伝染性単核症の可能性もあるので、早めに病院へ行きましょう。

慢性活動性EBウイルス感染症

慢性活動性EBウイルス感染症は名前の通り、EBウイルス感染症が慢性化してしまう病気です。EBウイルス感染症の症状が数ヶ月以上続くとこれに当てはまります。ウイルスの浸食が進み、腫瘍ができたり炎症が起きやすくなったりと、身体の免疫力が下がってしまいます。免疫力が下がっている状態だと、新たな病気を併発してしまう可能性もあるため、危険な状態となります。

合わせて読みたい

アルコール消毒は意味がない!ノロウイルスの消毒方法について
アルコール消毒は意味がない!ノロウイルスの消毒方法について
冬場になると猛威をふるい出すノロウイルスは、小さな子どもを持つ親にとっては脅威です。ノロウイルスに感染すると、嘔吐(おうと)や下痢の症状...

EBウイルス感染症の検査方法

血液検査
まず初めは他の感染症の可能性も考慮して、鼻水や唾液の粘膜の検査から始めます。溶連菌感染症やインフルエンザやノロウイルスなどの可能性がないとわかった段階で、EBウイルス感染症の検査が行われます。EBウイルス感染症の検査は血液検査が主なものとなっています。血液中の白血球の数が増え、異形のリンパ球が発見されると感染が疑われます。さらに、EBウイルスの抗体を測定すると、確定診断や感染症の進行状態を確認するために役立ちます。そのために血液検査はとても重要な存在です。

EBウイルス感染症の治療法は?

安静にする赤ちゃん
特効薬というものは特にありません。基本的には対処療法となり、EBウイルス自体をやっつける薬はないのです。そのため、高熱や炎症を抑えるために解熱鎮痛薬などを使用しながら、症状を抑えるような治療を続けていくかたちになります。高熱が続いている状態を見ることはつらいですが、しばらくするとだんだん症状は治まってきます。高熱が続くと脱水症状を併発することもあるので、こまめに水分補給をしてあげましょう。あまりに高熱が何週間も続く場合は、肝臓などに問題があることもあるので再度病院へ行きましょう。

合わせて読みたい

【医師監修】乳幼児は要注意!ロタウイルスの症状・原因・治療・予防の方法
【医師監修】乳幼児は要注意!ロタウイルスの症状・原因・治療・予防の方法
ロタウイルスはノロウイルスと並んでとても恐れられている病気です。特に乳幼児がいるお子さんの家庭では注意しなくてはいけません!今回は、...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】EBウイルス感染症の症状・原因・検査・治療まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る