充血や目やにがでたら警戒!流行性角結膜炎(はやり目)の症状・原因・治療・予防の方法

良ければシェアをお願いします。

はやり目

子どもはいつも思いがけない病気にかかります。子どもを持って初めてさまざまな病気の存在を知った、という人もいるのではないでしょうか。今回は、そんななかから、「流行性角結膜炎(はやり目)」について取り上げます。流行性角結膜炎は、いったいどんな病気で、どんなことが原因で起こり、どんな症状が出て、どうやったら治るのでしょうか。

スポンサーリンク

流行性角結膜炎とはアデノウイルスによる病気

水泳

流行性角結膜炎は、「はやり目」とも呼ばれている病気です。これは「アデノウイルス」というウイルスによって感染します。名前からもわかるように、結膜炎の一種です。

流行性角結膜炎を患うと、目が真っ赤になってしまったり、目やにがたくさん出てしまったりします。これによって異常を感じて病院に診察に行き、「流行性角結膜炎だ」と分かることも多いと考えられています。

軽度な状態ならば、目の充血などですみますが、悪化するととても大変です。なぜなら、重度の悪化は、目の大切な組織である「角膜」に傷をつけてしまうこともあるからです。場合によっては跡が残ってしまう、ということも……

さらに、人によっては失明してしまう可能性すらあります。人間は多くの情報を目からとりいれますから、これは大変なことです。また、まぶたに異常が出ることもあります。

合わせて読みたい

数年に一度は流行るマイコプラズマ肺炎の症状・原因・治療・予防の方法
「熱は下がったのに咳だけなかなか治らない」「風邪だと思っていたらマイコプラズマ肺炎だった」秋から冬にかけよく耳にするのがこの会話です。風邪の症状とよく似ているため診断が出たときには重症化していることの多い病気ですが、耳にする割によく知らないのではないでしょうか。今回はそんなマイコプラズマ肺炎...

流行性角結膜炎の原因は?

お風呂

では、この流行性角結膜炎はどんなことが原因で起こるのでしょうか。

流行性角結膜炎を引き起こすのは「アデノウイルス」と説明しましたが、これにかかった人が触ったものを触ると、流行性角結膜炎は加速度的に広がっていきます。流行性角結膜炎は非常に強い感染力を持っているため、流行性角結膜炎の人が目をこすったその手でタオルなどに触れ、それをほかの人が使うことで簡単に移ってしまうのです。

子どもの場合、「目が何か嫌な感じがするな」と感じれば目を驚くほどゴシゴシとこすってしまうでしょうし、目やにをぬぐうためにタオルを使うこともあるでしょう。何の気なしにそれに触れたお友達が感染した…というケースは、決して珍しいものではありません。

特にプールの授業が始まる時期は要注意。故意に人のタオルを使う、などということをしなくても、うっかり間違って流行性角結膜炎を患っている友達のタオルで目を拭いた、ということでもうつる可能性があるからです。

ただ一つだけ救いなのは、流行性角結膜炎は「空気感染」はしない、ということです。あくまで「接触による感染」ですから、同じ家にいる兄弟がはやり目にかかっている場合は「お兄ちゃんの触ったものを触ってはだめよ」と徹底させることができれば、下の子にうつる可能性は少なくなるでしょう。兄弟がまだ言葉を理解できない年頃だということであれば、親がしっかり気を付けてあげるしかありません。

合わせて読みたい

子どもの逆さまつげで手術することも?!予防方法があるの?
逆さまつげは子供でも重症の場合は、手術を必要とすることがあります。ただ、自分が逆さまつげでないと、何が悪くて、どれだけ危険なものなのか実感するのは難しいものです。しかし、もし子供が逆さまつげだったなら早めに対処してあげたいものです。そこで、今回は逆さまつげだと何が起きるのか、手術方法やその費...

流行性角結膜炎の治療はどうすればいいの?

目薬

目の異物感や充血があるので、親としてはとても心配になってしまうことでしょう。ここからは流行性角結膜炎の治療方法について見ていきます。

残念ながら、流行性角結膜炎にはいわゆる「特効薬」は存在しません。「これを使えば治る」というものはないのです。ただ、栄養剤などを使って栄養を取り入れたり、しっかりと眠って体力をつけたりすることで、早く治すことはできます。ちなみに、流行性角結膜炎自体を治すことはできませんが、ほかの病気にうつってしまうことを防いだり、対処療法にしたりするために、薬が用いられることもあります。

流行性角結膜炎の場合、重症でなければ2週間ほども時間が経てば落ち着きます。早い子どもならば、1週間程度の治療でよくなるでしょう。しかし上で述べたような、「悪化した場合」では、これだけの期間では治らないこともあります。最大で1か月程度の時間がかかると言われていますから、周りにうつらないように注意したいものです。自分や自分の子どもが「感染源」となって多くの人に迷惑をかけるようになってしまっては大変ですからね。

いずれの場合でも、薬が出ているのであればその服用量を守り、きちんと対策をしていくことが大切です。「症状がおさまったみたいだから」と独断で薬をやめることは危険です。必ず医師に相談するようにしてください。

治った場合でも幼稚園・保育園、学校に治癒証明書を提出する必要になるケースが多いので確認してみましょう。

おわりに

流行性角結膜炎は、アデノウイルスによって引き起こされます。この流行性角結膜炎を患っている子どもが触ったものを使ってしまうと、その使用者にも流行性角結膜炎がうつることがあるので、兄弟やお友達との接触には注意が必要です。

目の充血などが起きるため、見ている保護者にとってはとてもつらいものですが、基本的には2週間程度で症状は落ち着きます。重症化しない限りは大丈夫でしょう。ただ、人によっては1か月程度の治療期間が必要です。その間にほかの人にうつさないように対策をしておきましょう。

ピックアップ

幼児がかかる場合もある?帯状疱疹の症状・原因・治療・予防の方法
帯状疱疹とは、帯状に赤いぽつぽつとした発疹や水ぶくれができる皮膚疾患の一つです。以前は、高齢者に多くみられていましたが、最近は幼児でも発症することがあります。私の息子は、4歳のときに水ぼうそうにかかりましたが、6歳のときに帯状疱疹になりました。なぜ帯状疱疹になるのでしょうか。その原因と治療方...
子どもの鼻血がとまらない!鼻血を出した時の正しい対処法
子どもって意外とよく鼻血を出しますよね。鼻をかみすぎたとき、転んで鼻をぶつけたとき、そして自分で鼻をほじっていて。血をみると子どもも大人も慌ててしまいますが、まずは落ち着いてください。実は慌ててティッシュを鼻に詰めるのは良くないと言われています。大人が慌てず落ち着いて対処し、子どもに説明する...
アデノウイルスの原因・症状・潜伏期間・治療法まとめ
アデノウイルスとは 「アデノウイルス」は、おもに乳幼児~学童に多い、風邪の原因となるウイルスのひとつです。感染するとほかにもさまざまな症状が現れてきます。アデノウイルスには49種~51種類の型があるといわれています。種類が多いだけあって感染するとさまざまな病気の原因になる恐れも。また、一つ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
充血や目やにがでたら警戒!流行性角結膜炎(はやり目)の症状・原因・治療・予防の方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る