1歳の子にはちみつは危険!?いつから食べさせてもいいの?

良ければシェアをお願いします。

はちみつを食べる子ども

まろやかで自然の甘さをたっぷり蓄えた黄金色の甘味。それがはちみつです。その優しい甘さを愛している人も多いのではないでしょうか。チーズに、ヨーグルトに、パンに、料理の隠し味にと大活躍のこの「はちみつ」ですが、実は小さなお子さんにとってはとても危険なものなのです。子どもを持つ保護者として、はちみつの危険性を知っておきましょう。

スポンサーリンク

はちみつが危険だ、と言われるようになったのはいつから?

はちみつ

「はちみつが危険だ」と言われるようになったのは、実はそれほど昔のことではありません。

1987年になって、厚生労働省が「1歳未満の子どもにはちみつを与えるのは危険である」として発表したのです。そのため、この記事を読んでいる方のなかには、子どもの頃にはちみつを食べていた、という人もいるかもしれません。

はちみつが危険だと言われるのには、しっかりとした根拠があります。

合わせて読みたい

風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、乳児期にかかりやすい病気をチェックしておくことが大切です。そこで今回は、乳児期にかかりやすい病気についてまとめてみました。我が子の健康のために、ぜひご活用くださ...

はちみつが危険なのは「ボツリヌス菌」のせい

注射

はちみつが危険である、とされているのは、はちみつの持っている一つの菌のせいです。それが「ボツリヌス菌」です。ボツリヌス菌は、とても強い毒性を秘めている菌です。この菌は非常にたくましく、酸素がないなかでも増殖を繰り返すことが可能です。

ボツリヌス菌はさまざまな食材に含まれているのですが、はちみつ以外によく取りざたされているのは、海外の野菜などです。ボツリヌス菌は人間の体のなかで悪行を繰り返します。

神経や筋肉を侵していき、神経の伝達を妨げます。このため、ボツリヌス菌に侵されてしまった場合、麻痺症状などが出ることがあります。

ボツリヌス菌は、美容整形に使われているから安全では?

たしかにボツリヌス菌は、「ボトックス注射」「ボツリヌス菌注射」という形で、美容整形に使われています。これを打つことでシワなどを消すことができるからです。「メスを入れるのは怖い」という人でも気軽に受けることができるため、美容外科医院の人気のメニューの一つだと言えるでしょう。

ただしここで使われているボツリヌス菌は、そのなかに、きちんと血清などを配合しています。そのため、ボツリヌス菌の「有用性」だけを得られるようになっているのです。

食べ物などから発生する「毒素」としてのボツリヌス菌とは、同じ「ボツリヌス菌」であってもまったく意味が異なるのです。

ボツリヌス菌は国産のものにも含まれている

赤ちゃん

「海外のものにボツリヌス菌が入っている、というのなら、日本国内で生産―販売されているはちみつならば大丈夫だろう」と思う人もいるでしょう。

しかし、この考え方は危険です。

国産のはちみつであっても、ボツリヌス菌の混在を100パーセント防ぐことはできないと考えられています。現在流通しているはちみつのうちの1割程度にはボツリヌス菌が入っていると考えられており、決して安心できません。10回買えば1回程度はこれにあたってしまう、という計算だからです。1歳未満の子には、絶対にはちみつを与えないようにしましょう。

合わせて読みたい

覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...

大人は大丈夫、子どもはだめ。それを決めるものは?

NGのサインを出す子ども

1歳未満の子にとって、はちみつはリスキーな食べ物です。しかし大人になってしまえば、はちみつを食べることに特段の制限はかかりません。これはいったいなぜなのでしょうか。これには、子どもと大人の体の違いから説明できます。

私たち大人は、ボツリヌス菌をはちみつから摂取しても、それらが体のなかで育つことを許しません。

菌は、自分に適した環境になると芽を出して育ち始めます。その前は「芽胞」と呼ばれる状態にとどまっています。大人はこれを芽胞のままでとどめておくことができますが、乳児の場合はそうすることができず、発芽を許してしまいます。その結果として、ボツリヌス菌の活動を許してしまうのです。

「はちみつは1歳をすぎたら大丈夫」と言われるのはこのためです。

完全に避けるのが一番望ましいが・・・

オーブン

はちみつによるボツリヌス菌の活躍をシャットアウトするためには、「食べさせない」という選択肢をとることが一番理想的です。

ただ、完全に避け切ることができない、という場面もあるかもしれません。はちみつに含まれているボツリヌス菌は酸素がなくても増えることができます。しかし実は、「熱」という弱点があります。

ボツリヌス菌は120℃以上の熱を数分加えることで、その毒性を失うと言われています。そのため、120℃以上で調理するもの、たとえばオーブンで焼くクッキーなどはそれほど気にしなくてもよいでしょう。

もちろんまったく摂取しない、という選択肢が一番望ましいのですが、「どうしても」という時にはしっかり加熱をすることを忘れないないでください。

おわりに

「体によい食材」ということで、よく知られているはちみつ。

しかしそのはちみつも、使い方を誤れば害になります。赤ちゃんへのはちみつは1歳になるまでは我慢するようにしましょう。

ピックアップ

年収1000万だと保育園の料金はどのぐらい?
保育園に入ることすら難しいとされている現代、「やっと入園できた」と思って安心していられるのも束の間。次にあたる壁が保育園の料金ですね。自身の家庭の年収を計算しながら頭を抱えているお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか。 今回はズバリ「年収1000万の場合の保育料金」という基準のもと、平均...
アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ
今や、国民の5人に1人がアレルギー性鼻炎を持っているといわれます。最近では発症の低齢化も進み、子どものアレルギー性鼻炎も多くみられます。命にかかわる病気ではありませんが、そのまま放っておくと日常生活に影響を及ぼすことも。さっそく原因や症状から予防法までご紹介していきます。 アレルギー性鼻炎につ...
アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ
今や、国民の5人に1人がアレルギー性鼻炎を持っているといわれます。最近では発症の低齢化も進み、子どものアレルギー性鼻炎も多くみられます。命にかかわる病気ではありませんが、そのまま放っておくと日常生活に影響を及ぼすことも。さっそく原因や症状から予防法までご紹介していきます。 アレルギー性鼻炎につ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
1歳の子にはちみつは危険!?いつから食べさせてもいいの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

1歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

1歳になるとどんな症状になる?自閉症の赤ちゃんの特徴4つ
生まれつきの障がいである「自閉症」。自閉症を患っている子どもは、どのような特徴を示すのでしょうか。そこで今回は自閉症という病気と、1歳前後で見られるその特徴についてお話していきます。 自閉症という病 「自閉症」という言葉だけを聞くと、「自分の世界に閉じこもっている」「精神的につらいことが...
あいさつができる子に育てたい!1歳からできるしつけとは
気持ちよくあいさつができる子どもは周囲に好印象を与えます。感情や言葉が芽生える1歳頃があいさつのしつけを始める適齢期ですが、上手くいかずに悩む親も多いようです。 あいさつのしつけで気をつけたいポイントや、発育や個性に合わせた段階的なしつけの対応についてまとめました。 あいさつはしつけの...
1歳の子におすすめなおうち遊びとお外遊び6選
「子どもの遊ばせ方がマンネリになってきた」「1歳に合った遊びは何だろう……?」など、そんな悩みを抱えているママやパパは多いことでしょう。発育に良いゲームや運動能力を伸ばす遊びを考えても、なかなか思いつかない方も多いと思います。 そこで今回は、1歳の子におすすめしたい「おうち遊び」と「お...
【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る