【医師監修】何歳頃にわかるのか?子どもが発達障害と診断される症状

監修医師プロフィール:山中岳先生の写真山中岳 先生

平成8年医師免許取得 東京医科大学病院小児科。

子供の心身の成長に向き合う現場を20年以上経験する医師。経験に加え、日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医・指導医、日本てんかん学会専門医・指導医、と数多くの資格を所持。日々、てんかんや熱性けいれんなどのけいれん性疾患、頭痛、発達の遅れ、脳性麻痺など、主に神経疾患のお子さんの診察を行っています。

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/shoni/staff/294.html


発達障害

発達障害は周りの人が早く気づいてあげることがとても重要となってきます。また、早期療育をすることで二次的な問題の予防にもつながります。今回は、発達障害とは何か、その種類や特徴、また何歳以降に診断がおりるのかなども併せてまとめました。子どもの発達障害について心配なことがある方は参考にしてみてくださいね。

生まれつき?発達障害について理解しよう!

話をする家族
発達障害は「先天的な脳の特性」であることから、生まれてから死ぬまで症状が継続されるといわれています。しかし、目にみえる障害というわけではないので、生後すぐに発達障害と診断されることはありません。また、発達障害の種類によって診断を受けることのできる時期も異なります。また、発達障害は複数が重なって現れることがあるため、その種類は多様です。

3歳以降に正式に診断される「広汎性発達障害」

広汎性発達障害(PDD:pervasive developmental disorders)とは、コミュニケーションや社会性に関連した脳の領域に障害があることをいいます。また、自閉症、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害をまとめ、広義なものとして「自閉症スペクトラムASD」といいます。

広汎性発達障害に分類される「自閉症スペクトラムASD」の特徴って?

広汎性発達障害の一つである「自閉症スペクトラムASD」は、臨機応変に対人関係を築くことが苦手で、自分への関心ややり方の維持を強く最優先させることが特徴です。特性が強すぎる人は社会生活に支障をきたす恐れもあるため、周囲の理解や協力が欠かせません。自閉症スペクトラムASDの原因は今のところはっきりとは分かってはいませんが、生まれつき脳に機能障害がある、体内環境や周産期にトラブルがある、などが挙げられています。

年齢別にみる「自閉症スペクトラムASD」について

自閉症スペクトラムASDは、1歳頃から徐々に特徴的な症状が出現し始め、典型例であれば、3歳以降に正式に診断がおります。幼児期には目が合わない・他の子に関心がない・言葉が遅い、といった点で疑いをかけられることが多く、この他にもひとり遊びが多い・指さしができない・名前を呼んでも振り向かない・かんしゃくが強い、などもよくみられます。また、注意欠陥障害・学習障害・てんかんを合併することもあります。しかし、自閉症スペクトラムASDは、症状が軽度から重度まで様々あり、全ての自閉症スペクトラムASDの方に、上記の症状が出現するわけではありません。診断が難しい場合もあります。

合わせて読みたい

知的障害の等級って何?程度別の特徴や症状まとめ
知的障害の等級って何?程度別の特徴や症状まとめ
知的障害の等級って何?程度別の特徴や症状まとめ 「知的障害」という単語を聞いて、皆さんはどのような症状を思い浮かべますか?「一...

4歳以降にわかる「注意欠陥多動性障害」

4歳の女の子
注意欠陥多動性障害(AD/HD:Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)には、集中できない・じっとしていられない・考えるより先に動いてしまう、などといった特徴があります。また、診断を受けることのできる時期は4歳以降です。

注意欠陥多動性障害の特徴からみる症状とは

注意欠陥多動性障害の特徴は、不注意・多動性・衝動性の三つですが、症状の現れ方には個人差があります。「不注意が目立つ群」では、忘れ物が多く物をなくしやすかったり、気が散りやすく集中力が持続しなかったり、不器用で片付けができないといった症状がみられます。一方の「多動性・衝動性が目立つ群」では、落ち着きがない、ささいなことで手や大声を出す、乱暴な子といった症状が目立ちます。注意欠陥多動性障害の症状は、これら二つが合わさった「混合群」を加えた三つに分けられます。

注意欠陥多動性障害に起こりやすい問題

注意欠陥多動性障害にもかかわらず診断がされていない状態は、本人の努力不足という誤解を招きやすいという問題があります。その否定的な評価が続いたまま小学校の高学年を迎えると、自分に対して肯定的なイメージを持つことが難しくなってしまうこともあるのです。これらが積み重なると、自尊心の低下や挑発的な行動、情緒不安定などの二次的な問題を生じる可能性もあります。

注意欠陥多動性障害の子どもが苦手なことや難しいこと

「不注意」が目立つ子は、一つのことに集中できず集中力が長続きしなかったり、音や声に敏感に反応してすぐに気がそれてしまったりします。「多動性」が目立つ子は、無意識に体が動いて抑えられない体の多動や、おしゃべりをコントロールすることができない口の多動がみられるでしょう。また「衝動性」が目立つ子は、自分の感情や発言、行動を抑えることを苦手とします。

合わせて読みたい

【保育監修】集中力がない・落ち着きがない子どもになってしまう原因&親にできること
【保育監修】集中力がない・落ち着きがない子どもになってしまう原因&親にできること
元気いっぱいに動き回るのは、子どもらしくて良いことですが、あまりにも元気が良すぎてなかなかじっとしてくれないと、「この子、落ち着...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】何歳頃にわかるのか?子どもが発達障害と診断される症状
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る