赤ちゃんの頭の形をよくしたい!今すぐできる五つの矯正法

帽子をかぶる赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんの頭は、とてもデリケートです。まだ骨がやわらかくて変形しやすいため、寝ているときの向き癖や抱き癖が原因で形がいびつになってしまうことがあります。また、子宮内の環境が狭いことや、出産時に通る産道が狭いこと、吸引分娩(ぶんべん)によって頭を引っ張られることなども赤ちゃんの頭を変形させてしまう原因だと言われています。わが子の頭の形がいびつであることを悩んでいるママさんは少なくありません。

そこで今回は、赤ちゃんの頭を矯正する五つの方法をご紹介します。赤ちゃんの頭がやわらかい時期であれば治すことは十分可能なため、ぜひ早めに実践しましょう。

ドーナツ枕を使う

ドーナツ

絶壁や扁平(へんぺい)が気になる場合は、ドーナツ枕が効果的です。ドーナツ枕は中央に穴やくぼみがある枕で、まっすぐ上を抜いて仰向けに寝ることができるため変形防止になるとされています。首がすわる、生後3カ月頃までの使用がおすすめです。

ただし、赤ちゃんの頭の大きさに合わない枕を使ってしまうとかえって変形を悪化させてしまうことがあります。枕によって穴の大きさやくぼみの深さは異なるため、必ず赤ちゃんの頭のサイズに合わせて選ぶようにしましょう。また、よく首を動かす時期や寝返りの時期にこの枕を使ってしまうと、動きの妨げになります。成長を見ながら使用するようにしましょう。

合わせて読みたい

覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲したときの四つの対処法
覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲したときの四つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとってうれしいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の一つは赤ちゃんの行動範囲が広...

タオルを使って矯正する

タオルにくるまる赤ちゃん

向き癖がある場合に効果的な方法がタオルを挟んで向き癖を矯正することです。タオルを縦長に折りたたんだものを、向き癖のある頭から腰にかけて挟み入れます。

すると、赤ちゃんの体が少し斜めの状態になり、向き癖のある方向を向きづらくなるのです。赤ちゃんが苦しんだり嫌がったりする場合は、タオルを薄いものに変えてみるなど様子を見ながら実践しましょう。

音やおもちゃで向き癖を改善する

おもちゃで遊ぶ赤ちゃん

赤ちゃんは、音や動きを感じるとその方向へ頭を向ける習性があります。向き癖がある場合は、それとは反対の方向から声をかけるようにしたり、おもちゃを置いたりしてみましょう。

ママがいる方向を目で追う傾向があるため、向き癖とは反対側にママがいるように意識するとよいでしょう。赤ちゃんの名前を呼んだり声をかけたりすることで、一生懸命そちらの方向を向こうとします。そうしたちょっとした意識によって、頭の変形を矯正することができるのです。

合わせて読みたい

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める四つの安眠グッズ
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める四つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠がかかせないということがわかっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんの頭の形をよくしたい!今すぐできる五つの矯正法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る