いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの3つの原因と対策法

良ければシェアをお願いします。

泣く赤ちゃん

赤ちゃんはお母さんにとっても、家族にとっても愛らしい存在です。よく「目に入れてもいたくない。」などといいますが、赤ちゃんの寝顔はまるで天使のようです。しかし、この天使のような赤ちゃんも、お母さんを悩ませる時があります。それが夜泣きです。あやしても、抱っこしてもなかなか泣き止んでくれず、夜中に一人苦労しているお母さんも多いのではないでしょうか。夜の睡眠時間は育児から解放され、ささやかな休息をとる貴重な時間。でも、赤ちゃんはお構いなしに泣き出します。みなさんもさまざまな試行錯誤をしながら、赤ちゃんの夜泣き対策を行っていることと思いますが、どうすれば赤ちゃんの夜泣きを少なくすることができるのでしょうか?今回は、赤ちゃんの夜泣きの原因と対策方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

夜泣きがあるのはいつからいつまで?

赤ん坊をあやす

夜中に急に泣き出して何をしても泣き止まない状態のことを夜泣きといいます。赤ちゃんの夜泣きには個人差があります。なかなか夜泣きがおさまらない子やほとんど夜泣きをしない子などさまざまですが、一般的には早い子で生後3か月くらいから夜泣きが始まり、1歳半くらいまでにはおさまるようです。

赤ちゃんは成長にともなって睡眠のリズムが変化していきます。生まれてから生後1か月くらいまでは、昼と夜の区別なく寝たり起きたりを繰り返します。このころは、夜に泣き出しても、ミルクでおなかがいっぱいになればすぐにまた寝てしまうことが多いようです。生後1か月から3か月くらいになると、徐々に昼と夜の区別がついてきて睡眠のリズムができてきます。このころになると、少しずつですが夜まとめて寝てくれるようになってきます。生後12か月くらいまでには昼起きて、夜眠る睡眠サイクルができてきます。

この時期はお母さんも睡眠不足でつらいと思いますが、赤ちゃんの大切な成長の過程のため、夫婦で協力しながら乗り切りましょう。

合わせて読みたい

https://tamagoo.jp/childcare/sound-sleep-goods/https://tamagoo.jp/childcare/sound-sleep-goods/

夜泣きの3つの原因

眠る赤ちゃん

赤ちゃんの夜泣きのメカニズムははっきりと解明されているわけではありません。しかし、「刺激やストレス」「未熟な体内時計」「脳の発達」などが主な原因と考えられています。

1. 刺激やストレス

おむつが濡れている、お腹がすいている、のどが渇いている、熱い・寒い、周囲の音に驚いた、体調が悪い(病気)などです。赤ちゃんが浅い眠りのときに、このような外部からの刺激やストレスにより目を覚まし急に泣き出します。

2. 未熟な体内時計

赤ちゃんの睡眠のリズムは未完成です。生まれたときの赤ちゃんには昼と夜の区別がありません。人間の睡眠は、深い眠りと浅い眠りを繰り返しますが、赤ちゃんはこの睡眠サイクルが未発達なため、ちょっとした原因で目を覚ましてしまい泣き出してしまうと考えられています。

3. 脳の発達

赤ちゃんの脳が寝ている間も成長していることです。このころの赤ちゃんは寝ている間も、たくさんの情報を整理しながら脳を発達させています。そのため、起きているときに受けた刺激の強い情報が、夢の中で再現されてしまうと泣き出してしまうといわれています。赤ちゃんは浅い眠りが大人の20パーセントに対して50パーセントと圧倒的に多く、そのため、寝ている間もたくさんの刺激を受けていると考えられています。

このような、3つの原因がそれぞれ複雑にからみながら赤ちゃんの夜泣きがおこります。見方をかえると、夜泣きは赤ちゃんの成長のあらわれでもあります。健やかに成長して、睡眠のリズムが整ってくれば自然と夜泣きもおさまるため、赤ちゃんの成長を楽しむつもりで見守ってあげると、お母さんの心にもゆとりが生まれるかもしれません。

合わせて読みたい

初めての赤ちゃんと、たくさんスキンシップを取りたいと思う人は多いでしょう。ただ、繊細な赤ちゃんとどのように接す&

夜泣きに効果的な3つの対策

赤ん坊と母親

1. 赤ちゃんのケアをしっかりする

外部からの刺激の少ない静かな環境で寝かせることはもちろん、赤ちゃんの体をしっかりとあたためて寝かせることも大切です。赤ちゃんは下半身が冷えると夜泣きをしやすいといわれています。体が冷えてしまうと体調をくずす原因にもなるため、日ごろから体が冷えないようにしっかりとケアをしてあげてください。寝るときには、手足をさすってあげたり、やさしく抱きしめてあげたりして、体をあたためてあげれば、赤ちゃんも安心して眠ることができます。

2. 朝は日の光を浴び、夜は早めに暗くする

明るくなったら起きて暗くなったらねるのが人間本来の生活リズムです。朝起きたら太陽の光を部屋に入れて赤ちゃんの体を目覚めさせてください。そして、夜になったら赤ちゃんを寝かせる2時間前には部屋を暗くして赤ちゃんに寝る準備をさせましょう。大人の生活にあわせて、夜中までテレビが煌々とついている明るい部屋に赤ちゃんを寝かせていては、夜泣きがひどくなるばかりでなく、赤ちゃんの健康のためにも良くありません。朝は日の光を浴び、夜は暗い中で寝かせることで、赤ちゃんの体内時計を整えてあげてください。

3. 毎朝同じ時間に起す

睡眠のリズムを整えてあげると自然に夜泣きもおさまってきます。朝起こす時間は、午前6時から7時30分くらい、お昼寝は午後1時から3時くらいの間で1時間ほど、そして、夜は9時くらいまでには寝かしつけるといった1日の生活のリズムを作ってあげることが大切です。お母さんも睡眠不足で朝早く起きるのはつらいと思いますが、赤ちゃんのためにしっかりとしたリズムを作ってあげてください。

おわりに

今回は、赤ちゃんの夜泣きの原因と対策方法をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。夜泣きの特効薬はありません。今回ご紹介した内容を参考に、赤ちゃんの成長を見守りながら、おおらかな気持ちで夜泣き対策に取り組んでいきましょう。

ピックアップ

赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...
覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...
【レシピ付き】赤ちゃんが喜ぶ美味しい離乳食メニュー
離乳食は、赤ちゃんの食事をミルクから、私たちが普段口にしているような一般的な食べ物へと切り替えるための、いわば「つなぎ」の役割を果たす食事です。赤ちゃんごとに差はありますが、大体生後5ヶ月辺りから離乳食を与える期間(離乳期)に入り、1歳半くらいまでには完了するといわれています。 しかし、ひとく...
29歳。A型。既婚。
2014年に入籍、現在は共働きの妻と共に妊活中。夫婦で一緒に取り組む「妊活」を広めるため、男性に知っておいてほしい妊活をはじめとした妊娠・出産に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの3つの原因と対策法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る