風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ

スポンサーリンク

赤ちゃんの病気

乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、乳児期にかかりやすい病気をチェックしておくことが大切です。そこで今回は、乳児期にかかりやすい病気についてまとめてみました。わが子の健康のために、ぜひご活用ください。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

風邪

熱

最もなじみのある病気である風邪ですが、医学的な正式名称は「感冒(かんぼう)」や「急性上気道炎」と呼ばれています。風邪のウイルスの種類はたくさんあり、一度免疫がつくとそう簡単にはかかりませんが、子どもが何度も風邪をひくのは、まだ体内にさまざまな免疫を持っていないからです。

主な症状は発熱、くしゃみ、鼻水、せきで、ウイルスによって、下痢をともなうこともあります。普通は3~4日で改善し、病院へ行くと薬を処方してくれます。高熱が出た、鼻水がひどい、などの場合は早めに病院へ連れて行くことをおすすめします。

突発性発疹

発疹

風邪の諸症状がないのに急な高熱がしばらく続いた場合は、突発性発疹の可能性があります。高熱の後、2~3日間全身に発疹が出ます。多くの赤ちゃんが感染すると言われている病気で、実に6~8割の赤ちゃんに症状があらわれるとも言われています。1歳までにかかる赤ちゃんが多いため、経験したママも多いかもしれません。

発熱が最初の症状としてあらわれますが、熱が下がって発疹が出なければ、「突発性発疹」という診断はされません。発熱と発疹が同時に症状として出た場合、何らかの感染症にかかっている可能性があります。突発性発疹以外にも、さまざまな病気の恐れがあり、特に「手足口病」と「突発性発疹」は判断が難しく間違いやすいので、専門医に診てもらうなど注意が必要です。

合わせて読みたい

覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲したときの四つの対処法
覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲したときの四つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとってうれしいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の一つは赤ちゃんの行動範囲が広...

百日咳(ひゃくにちぜき)

抗生物質

百日咳(ひゃくにちぜき)は、ウイルスが呼吸器官に付着することで起こります。感染から発症までは数日~1週間と言われています。初期症状は、軽いせき、鼻水、くしゃみなど軽い風邪と変わらないため、早期発見が難しい点も特徴です。
初期症状から2週間ほど経過すると、短く激しい「コンコン」というせきが出ます。さらに、息を吸い込むときには「ヒュー」という呼吸音がなって苦しそうに息を吸うようになります。赤ちゃんの呼吸音に違和感を覚えたら病院を受診しましょう。治療には抗生物質が使用されます。百日咳(ひゃくにちぜき)は、月齢が低いと命に関わる場合もある重大な病気ですので、感染した場合は注意が必要です。

旦那さんと息子の3人家族。 家事は手抜きがモットーなダラダラ主婦。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る