【スポーツクライミング 】2020年!東京オリッピックを目指す子どもたち!注目選手も紹介!

スポンサーリンク

ロッククライミングの壁

近年じわじわと注目を集めるようになったスポーツクライミング、ご存知でしょうか?カラフルなホールドに手足をかけて壁を登っていく、というシンプルな競技ですが奥深い魅力がありハマる人が続出!2020年東京オリンピックの正式競技となったスポーツクライミングの競技方法、オリンピックを目指すために必要なこと、競技人口、注目の若手選手についてリサーチしました。

スポーツクライミングの3種競技について

2020年東京オリンピックでのスポーツクライミング競技は、1人の選手が3種類のスポーツクライミング競技を行い総合点の高さを競い合います。ここでは3種競技とはどのようなものか、また採点方法について解説します。

【ボルダリング】競技と採点について

ボルダリングは5m以下の人工壁に取り付けられたホールドを使い、最大でも12手以内で構成されたコースを登る競技です。ゴールのホールドを両手で掴み安定した姿勢を取れば完登で、途中で落下しても制限時間内であれば何度でもトライ可能。完登コースの本数で採点され、同数ならトライが少ない方が上位、それも同じならボーナスポイントやカウントバック(前トライの成績)によって順位が決定します。

【リードクライミング】競技と採点について

リードクライミングは12m以上の人工壁に取り付けられたホールドを使い、最大で60手くらいで構成されたコースを登る競技です。装着したハーネスにロープを結びつけ、ルートの途中にある確保支点にロープをかけて登り安全確保します。ゴールの支点にロープをかけて完登で、トライは制限時間内1回のみ。どこまで高度を稼げたかで採点され、同じならカウントバックが適用、それも同じなら時間が短い方が上位になります。

【スピードクライミング】競技と採点について

スピードクライミングは15mまでの壁に使用可能なホールドが取り付けられ、どれだけ早く完登するかを競う競技です。ハーネスを装着しますが、トップロープで支点を確保しているため途中でロープをかける必要がありません。2トライしてタイムの早い方が採用され、トーナメント戦で勝ち上がった2人の選手同士が競って順位をきめます。同タイムではカウントバックで順位を決め、準決勝と決勝では再度トライが行われます。

合わせて読みたい

【新種目!スケートボード】2020年!東京オリッピックを目指す子どもたち
【新種目!スケートボード】2020年!東京オリッピックを目指す子どもたち
アメリカを中心に発展したストリートスポーツのひとつ、スケートボード。2020年の東京オリンピックでは新たに競技として追加採用されたの...

クライミングでオリンピックを目指すには?

スポーツクライミングは2020年の東京オリンピックで初めて行われる競技であり、日本代表選手を目指すためにはどのような方法があるのか分からない人も多いですよね。選手の選考方法や必要と考えられる実力について調べてみました。

日本代表選手の選考方法は未定!?

2020年の東京オリンピックの代表選手の選考方法は…実はまだ決まっていません!決定されているのは、3種混合競技で競うという点と男女合わせて20人という出場人数枠のみ。参加できる国や地域、選考方法、全て未定です。日本人クライマーは国際大会などで近年目覚ましい活躍で注目を集めていますが、男女1名程度しか出場枠がない可能性があり非常に狭き門と言えそうです。

3つの種目をカバーできる総合力が必要

スポーツクライミングでは、3種目で求められるスキルは異なります。ボルダリングではルートを読み解くことが勝利への鍵となるため「肉体的な技術+頭脳戦」と言われます。また、リードでは距離が長いため体力の消耗を最小限に抑えながら高い到達点を目指す「持久力+戦略性」、スピードではタイムを競うため「瞬発力+瞬時の判断力」が必要であり、全てを満たす高い総合力が代表選手には求められます。

国内外コンペに出場し成績を残す

代表選手の人数枠や選考方法も決まっていないので、これからオリンピックを目指す10代クライマーはIFSC主催のワールドカップや世界選手権、国内外の大会に多くエントリーし、コンスタントに上位入賞の成績を残していく必要があります。特にスピードクライミングは日本に国際基準を満たす設備がないことから、国際大会で実力を養う必要があると考えられます。

合わせて読みたい

7歳~10歳がカギ!子どもの才能を決定する運命の数年間
7歳~10歳がカギ!子どもの才能を決定する運命の数年間
『子どもの脳を育てるのは10歳までが大事』という言葉を聞いたことがありますか?子どもの成長は、早いものです。しかしその中でも子どもが...
8歳の甘えん坊娘と2歳イヤイヤ息子のママです。読書と野外フェスとクライミングが好きです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【スポーツクライミング 】2020年!東京オリッピックを目指す子どもたち!注目選手も紹介!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る