良ければシェアをお願いします。

子どもを守るために知っておこう!インフルエンザの基礎知識

良ければシェアをお願いします。

母親とマスクをした子ども

誰もが知っている「インフルエンザ」。子どもを持つ家庭なら知っておきたい、このインフルエンザの知識と予防方法、そして対象方法について解説していきましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザとはそもそも何なのか

悩む親子

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって発症する病気です。しばしば一般的な「風邪」と混同されますが、インフルエンザと風邪はその症状の点で大きく違います。風邪の場合は、あまり重症化しません。熱やくしゃみなどの体の防衛反応は起こるものの、インフルエンザのそれに比べるとずっと軽いと言えます。

インフルエンザには、2つの形があります。「A型インフルエンザ」と呼ばれる季節性のもの。これは少しずつ形を変えてはいますが、毎年流行るものです。

もう一つのインフルエンザが「新型インフルエンザ」です。インフルエンザウイルスは、駆逐されることを防ぐためか、時に従来型とはまったく違う抗原性を持っているものを誕生させます。当然のことながら、人間はこの「新型の」インフルエンザに対抗する免疫は持っていません。そのため、多くの人に罹患してしまうことがあるのです。

近年では2009年にこの新型インフルエンザが登場しましたが、2011年の段階で多くの人がこれに対する免疫を手に入れたため、現在は「新型インフルエンザ」はないとされています。ただ、新型インフルエンザが「今までとはまったく異なる抗原性を持って突然現れるもの」である限り、また新しい新型インフルエンザが登場する可能性は十分にあります。ちなみにインフルエンザはどの季節でも発症しますが、日本では冬季に特に起こりやすいと言えます。

合わせて読みたい

子供の急な発熱にびっくり!基礎知識と4つの対処法
小さな子どもの場合、さっきまで外で元気で遊んでいたと思ったら、急に発熱することがあります。そんな時にすぐに病院に連れていったほうが良いのか、薬を飲ませたほうが良いのか、食事は食べさせた方が良いのかなど、いろいろと判断に迷うことがあります。大事なことは、子供の急な発熱の原因を知っておくことです。そ...

インフルエンザの症状

体温計と子ども

上でも軽く述べたように、風邪と似たような症状が出ます。ただ、その症状は非常に重く、強い痛みや高熱を伴います。熱は38度を超えるケースも珍しくありあません。悪化すると、人によっては急性脳症が起きたり肺炎を起こしたりすることもあります。特に子どもの場合は急性脳症が起こりやすいと言われています。

急性脳症は、人間のなかでも非常に重要な臓器である「脳」に浮腫が起きるものであり、大変危険です。けいれんを伴うこともあるのですが、何より恐ろしいのは、その経過と見通しです。急性脳症は後遺症が出ることも多く、命の危険にもつながる症状なのです。ちなみに、肺炎は高齢者に起こりやすいと言われています。子どもは自分で痛みや苦しみを訴えることがなかなできません。そのため親が注意してみている必要があります。

合わせて読みたい

手洗いうがいを習慣付けよう!上手な進め方をご紹介
子どもが少し大きくなって外で遊ぶようになったら、家に帰った後に手洗いとうがいをするように教えなければなりません。しかし、なかなか言うことを聞いてくれなくて困っているママやパパも多いでしょう。 また、小さいうちはきちんと手洗いとうがいをしていても、小学校に上がってからしなくなるお子さんも...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもを守るために知っておこう!インフルエンザの基礎知識
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る