子どもがマスクを嫌がる…無理やりつけさせた方がいいの?

子どもがマスクを嫌がる時の対処法!

女の子のマスク
人と会うときや公共の場に行く場合などなど。ママパパが「今はマスクを着けてほしい」と思う瞬間に、嫌がる子どもをどう、なだめたらいいのでしょうか?ここからは、子どものマスク嫌いへの対象方をご解説します。

お気に入りのマスクで子どものテンションを上げよう!

マスクを着けたときの肌触りなど、物理的な問題でマスクが嫌!という子どももいるでしょう。特に、ガサガサとした触り心地の不織布マスクが苦手な子どもが多いようです。綿製の布マスクを活用してはいかがでしょうか。手芸屋さんで生地を選んでもらって手作りしても良いですし、場合によっては市販のキャラクター物のマスクを買うのも良いでしょう。

保育園・幼稚園ではお気に入りのマスクを自慢しあう子どもたちの姿も見られます。可愛い・カッコいい服を着るように、マスクもファッションの一部として楽しめたら良いですね。「今日はどのマスクにしようか」と自分で選べるようにしてあげると、朝の支度もスムーズです。

マスクは着けっぱなしにせず子どもが自己管理

マスクが不快なポイントとして、長時間着け続けることも大きな問題です。一度着けたら大人に「良いよ」と言われるまで外せない。子どもにとってはストレスフルですよね。蒸し暑い日の公園遊びなど、着けっぱなしでは熱中症の心配もあります。近くに人がきたら着けられる準備をしたうえで、外せる時には外しておくことも必要です。

判断力が上がる4歳~6歳になると「今はマスクを着けるか、外してもよいか」を自分で考えられるようになります。服を脱ぎ着するようにマスクの管理も自分でやらせてあげると、自己コントロール感が満たされ、「マスクが嫌!」という気持ちを飛び越えてくれることも。3歳以下のお子さんの場合も、マスク以外でイヤイヤする場面を思い出して、親子でどう乗り越えてきたかを振り返ってみましょう。

おわりに

長引くマスク生活には悩みもツキモノです。大人だって「マスク、辛い!」と言いたくなる日々。小さな子どもの感じるストレスは相当な物でしょう。小学校入学前の子どものマスク着用は体調などへの配慮も必要です。無理強いせず、適切な使い方を親子で考えていきましょう。少しでも子どもの抵抗感が薄れ、マスクとの心地よい付き合い方を見つけられますように。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

ピックアップ

幼稚園類似施設とは?幼児教育無償化の対象にはならないの?
幼稚園類似施設とは?幼児教育無償化の対象にはならないの?
2019年10月より、幼児教育・保育の無償化がスタートしました。「無償化」という言葉だけがひとり歩きし、幼児教育に関してすべての子どもに...
【幼稚園】縦割り保育のねらいとは?メリットデメリット
【幼稚園】縦割り保育のねらいとは?メリットデメリット
幼稚園といえば学年別でのクラス編成が主流です。しかし、年齢で分けられた活動ばかりとは限りません。異年齢の園児が合同で活動する「縦割り保育...
ワーキングマザーが子どもを幼稚園に入れると何が大変なのか?【体験談】を紹介!
ワーキングマザーが子どもを幼稚園に入れると何が大変なのか?【体験談】を紹介!
結婚しても子どもを産んだあとも仕事をするワーキングマザーが増加している昨今。 ワーキングマザー家庭の子どもであれば未就園児は保育園...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
子どもがマスクを嫌がる…無理やりつけさせた方がいいの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る