子どもがマスクを嫌がる…無理やりつけさせた方がいいの?

マスクを嫌がる子ども
小さな子どももマスク着用が当たり前。コロナ対策でマスクが欠かせない時期ですが、子どもがマスクを嫌がる場合どうすればいいのでしょうか。無理やりつけさせなければいけないのか、それとも嫌がる気持ちを静める方法はあるのでしょうか。
今回は子どもとママパパとで考えたい、マスクの問題についてご解説します。これからも続く感染症対策のために、ぜひ参考にしてみてください。

コロナ対策・感染症対策で必要なのに…子どもがマスクを嫌がる!

マスクを捨てる
2020年早々に報告された、新型コロナウイルス感染症。あれから丸1年以上たった現在も感染拡大に歯止めがかからず、対策が欠かせません。感染対策の要ともいえる「マスク」の存在。大人にとっては、もはや当たり前のように身に染みついているマスク生活ですが、小さな子どもにとってはどうでしょうか。この記事では小さな子どもを抱えるご家庭に向けて、マスクとの付き合い方をご解説します。

子どもには戸惑いも!「マスク着用」「新しい生活様式」

『新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」です。』これは厚生労働省が配布している啓発資料の文言です。ニュースなどで繰り返し見聞きしているので、当たり前の内容かもしれません。今では商業施設のトイレなどにもイラスト付きの啓発資料が貼りだされていることも。

感染予防対策

引用:『国民の皆さまへ (新型コロナウイルス感染症)』・厚生労働省

「正しいマスクの着用」の項目ではマスク姿の女の子のイラストが掲載され、子どもも含めた要請であることが伺えます。厚労省は別の資料で『WHO は5歳以下の子どもへのマスクの着用は必ずしも必要ないとしています。』としていますが…。しかし実際問題、公共の場でのマスク着用は今やマナーの一つ。「子どもにもマスクを着けさなくてはいけない」というプレッシャーを感じているママやパパも多いですよね。

子どもがマスクを嫌がる理由とは

長時間マスクを着けていると暑い、蒸れる、息苦しい、肌が擦れる、邪魔…。大人であっても不快に思うことが多いマスク。小さな子どもであれば、いっそうストレスに感じることも多いでしょう。

ストレスの原因は物理的なものだけではありません。京都大学大学院教育学研究科の明和教授は、NHKのインタビュー内でマスクがコミュニケーションを妨げる危険性を指摘しています。『子どもたちは表情のなかのたくさんの情報を使って、少しずつ少しずつ、相手の表情、感情というものを理解していくわけです。そういった経験が今回のコロナ禍において一気に失われていく可能性が高いです』とのこと。
大人であれば前後の会話など様々な情報から相手の感情を読み取ることができますが、そうはいかないのが子どもです。

よくよく考えると、人前に出るときは顔の半分を隠しましょう、というのは、これまでの生活では考えられないことです。自分の顔を覆い、周囲の顔もマスクに覆われている。そんな異常事態にストレスを感じても、不思議ではありません。

合わせて読みたい

赤ちゃんでもマスクができる?安全面は大丈夫?
赤ちゃんでもマスクができる?安全面は大丈夫?
風邪やインフルエンザがはやる時期は、まだまだ抵抗力が弱い赤ちゃんを外に連れ出すのは心配ですよね。でも、やむを得ず連れ出さなければならない...

無理やりつけさせなきゃダメ?子どもと一緒に考えるマスクの使い方

マスクをする
マスクを着けて、と子どもに言って「嫌!」と拒否されたら…?マスクが嫌いな子、苦手な子。毎朝の支度の際に、どうすれば良いのでしょうか。「どうしたらマスクを着けさせられるか」以前の問題として、どんな時にでマスクを着用すべきか、その場面で本当にマスクが必須なのかも考えてみましょう。

保育園・幼稚園ではマスクを着けなくちゃダメ?

子どもたちが1日の大半を過ごす園ではどのような方針でマスクが活用されているのでしょうか。国の方針を見てみましょう。

厚生労働省による保育所でのマスク取り扱い

『登園している子どもが保護者の希望などからマスクを着用している場合は、マスク着用によって息苦しさを感じていないかどうかについて、十分に注意していただき、持続的なマスクの着用が難しい場合は、無理して着用させず、外すようにしてください。

文部科学省による幼稚園でのマスク取り扱い

『幼児については、本人の調子が悪い場合や、持続的なマスクの着用が難しい場合は、無理して着用させる必要はない。

なお、保育園の2歳未満の子どもに関しては窒息予防などの観点から『着用は推奨されません。』とされています。

集団生活の場でもマスク着用は無理をせず

園によっては「登園時はマスクを着けてください」と指導しているケースも多い事でしょう。現実問題として、地域ごとの感染状況により「マスクを着けて!」の声が高まる場面もあります。しかし、そもそもの前提として子どものマスク着用は無理強いしない、体調に配慮するべき、という意識を持っておきたいものです。

保育園・幼稚園でのマスク着用は一律の判断ではありません。この場面ではマスク必須、このケースでは外してよい、などその場その場で判断しルールをアップデートしているのが現状です。お子さんが朝、マスクを嫌がる際は「つけないと登園できないよ!」とは言わずに、ぜひ担任の先生に相談してみてください。園側でも、マスクを嫌がる子にどう配慮するか検討しているかもしれません。

合わせて読みたい

入園までにおむつ外れが間に合わない!幼稚園おむつで行かせてもOK?
入園までにおむつ外れが間に合わない!幼稚園おむつで行かせてもOK?
いよいよ幼稚園に入園。わが子が迎える初めての集団生活は、期待だけでなく不安もいっぱいです。そんな中でも気になるのが「おむつ外れ」の問題。...
30代、保育士。夫と未就学児の長男・小学生の長女の4人家族。初めての出産で分娩トラブル、乳腺炎、産後クライシス、保活失敗など…数々の「洗礼」を受けた経験から『特別なことをするのではなく、地に足の着いた育児』をモットーに、日々奮闘しています。現在は認定こども園で働く傍ら、ライター業にも従事。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
子どもがマスクを嫌がる…無理やりつけさせた方がいいの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る