もしかしてアトピー?赤ちゃんのアトピーの特徴

アトピーのイラスト
赤ちゃんの肌はとても繊細で敏感です。ちょっとした事で赤みや湿疹、かぶれなどさまざまな肌トラブルが起こりやすく、「もしかしたらアトピーなのでは?」と不安を感じるママも多いでしょう。アトピーの場合には実際、どの様な症状が現れるのでしょうか。今回は赤ちゃんの肌トラブル・アトピーについて、症状や原因・対策等ご紹介します。

赤ちゃんにおこるアトピーの原因・症状

ママと赤ちゃん
「アトピー」という言葉は何となく知っていても、具体的な症状や原因については知らない、という場合もあるでしょう。赤ちゃんの場合、何をきっかけに症状がおこってしまうのか、またどの様な症状が起こるのか、まずは基本的な「アトピーの症状と考えられる原因」からご紹介します。

赤ちゃんに起こる「アトピー」とは?

肌トラブルと言えばよく耳にする「アトピー」。赤ちゃんの場合、正式には『乳児アトピー性皮膚炎』と呼ばれています。「アトピー性皮膚炎」は、特定のアレルギー物質に反応して皮膚に炎症がおこるため、皮膚のバリアー機能が弱い人に多く見られるようです。一時的な肌かぶれや湿疹とは異なり、アトピーの場合は繰り返しかゆみ等の症状がおこり慢性化します。

「アトピー性皮膚炎」の症状とは?

アトピー性皮膚炎の主な症状は、顔・頭部・耳・肘・膝などの顔周りから関節付近の皮膚が乾燥し、強いかゆみを伴います。乾燥する事でかさついた皮膚がフケの様に剝がれ落ちる「鱗屑(りんせつ)」や、赤く腫れる「紅斑」、ぶつぶつと皮膚がドーム状に盛り上がる「丘疹(きゅうしん)」など、多くの症状があるのです。これらの症状は良くなったり悪化したりを繰り返し、慢性的におこります。

「アトピー性皮膚炎」の原因とは?

アトピー性皮膚炎の原因として考えられるのは、一般的に挙げられるダニやハウスダストなどの環境因子のほか、乱れた食生活や洋服のすれなどの物理的な刺激などさまざまです。しかし、これらのアレルゲンによる反応は人によってさまざまで、現段階では医学的にアトピーの原因は特定されていません。赤ちゃんの場合、皮膚の厚さが大人の半分にしか及ばず、バリアー機能・免疫力が未熟なため、水分を保つ力が弱く乾燥しやすいという特徴があります。乾燥肌にはアレルゲンが侵入しやすい上、乾燥によってかゆみが起きやすい事も、アトピーを引き起こす原因として考えられています。

合わせて読みたい

アトピーから夜泣きまで治してくれる?「小児はり治療」のパワー!
アトピーから夜泣きまで治してくれる?「小児はり治療」のパワー!
夜泣きやかんの虫など赤ちゃんによくある症状や、アトピーなどに効果があるという「小児はり治療」をご存じでしょうか?古くから関西地方では一般...

もしかしてアトピー?判断基準は?

クリームを塗る赤ちゃん
赤ちゃんの肌は荒れやすいため、一時的な肌トラブルなのかアトピーなのか、見た目では分からない事が多いでしょう。アトピー性皮膚炎と症状が似ていて区別がしにくい肌トラブルに「乳児湿疹」がありますが、「アトピー性皮膚炎」との違いや判断の仕方を調べてみましょう。

アトピーと間違えやすい「乳児湿疹」

「乳児湿疹」とは病名ではなく、乾燥や湿疹等、赤ちゃんに起こる肌トラブルの総称を指します。赤ちゃんは体温が高いため、汗をかきやすく顔や首元・背中等にかゆみ・痛みを伴う「あせも」や、おむつと肌の摩擦や排せつ物の刺激によっておしりにかゆみ・赤みが起こる「おむつかぶれ」など、さまざまな肌トラブルがおこります。これらの赤ちゃんの肌トラブルは、『乳児湿疹』の一種なのです。

成長段階によって異なる「乳児湿疹」

赤ちゃんは皮脂の分泌量が不安定なため、さまざまな肌トラブルが起こります。生後3カ月頃までの新生児の場合、皮脂の過剰分泌によって顔・頭皮にかゆみが起こる「乳児脂漏性湿疹」や、皮脂の分泌が落ち着く生後3カ月以降は乾燥によって肌がカサカサしてかゆみが起こる「乾燥性湿疹」などが代表的なものです。これらの症状も『乳児湿疹』の一種で、基本的には一定の時期を過ぎると症状が治まる事がほとんどです。

アトピーと乳児湿疹の違い・判断基準

赤ちゃんの肌トラブルにおいて、その症状から「乳児アトピー性皮膚炎」なのか、一時的な肌荒れなのかを見分けるのは医師でも難しいと言います。一時的な乾燥・湿疹などの場合にも、アトピーと同じ様な症状が多く見られるため、回復までの経過を見ない事には判断が難しいのです。「乳児アトピー性皮膚炎」と診断される判断基準は、肌がジュクジュクして赤い状態で、乳幼児であれば2カ月以上その症状が続いた場合とされています。

合わせて読みたい

【医師監修】子どものアレルギーってどうやって気づけるの?卵や小麦粉は食べさせていい?
【医師監修】子どものアレルギーってどうやって気づけるの?卵や小麦粉は食べさせていい?
0歳の赤ちゃんの離乳食がスタートして、かゆみを伴う発疹や皮膚の腫れ、嘔吐(おうと)などの症状があると「もしかしてアレルギー?」と不安にな...
3歳の息子を育児中のシングルマザーです!製菓専門学校を卒業し、子供とお菓子作りが趣味です!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る