小学生になってもおねしょする?原因はストレスにあった

良ければシェアをお願いします。

小学生になってもおねしょする?原因はストレスにあった

小さな子どもがいる家庭の場合、夜間の「おねしょ」が発生する事態はよくあるかと思われます。子どもが幼児なら、生理的な現象として当たり前のことなので、心配する必要はありません。しかし、小学生になってもおねしょが続いていて、悩まれている保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。小学生でもおねしょが続く場合、心理的なストレスが原因になっていることもあります。

そこで今回は、おねしょのメカニズムや、小学生になってもおねしょをする原因、またその対処方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

5歳以上でもおねしょをする原因

男の子

乳幼児が夜中におねしょをする原因は、尿を保っておく腎臓や膀胱の機能が、未発達なことにあります。そのため、乳児のおねしょは正常な生理現象なので、心配する必要はありません。しかし、5歳を過ぎても週に2回以上もおねしょする場合は、夜尿症(やにょうしょう)という病気として医師の診断・治療が必要になります。

夜尿症には、2つの原因があるとされています。1つ目は、「多尿型」と呼ばれ、夜間の尿量が多すぎるもの。2つ目は、「膀胱型」と呼ばれ、膀胱が通常よりも小さいことに原因があるものです。この2つのタイプの夜尿症なら、水分を取り過ぎない、早寝早起き、身体を温めるなど、生活習慣を変えることで改善されることが多いようです。また、最近では薬物の治療も有効とされています。

合わせて読みたい

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...

小学生のおねしょとストレスの関係

頭を抱える女の子

身体が未発達な子どもは、多尿型や膀胱型が原因の夜尿症になることがありますが、この場合、適切な生活習慣と薬の治療によって、改善されることがほとんどです。しかし、小学生になり、中学年や高学年になってもまだ夜尿症が続く場合、精神的なストレスが原因として考えられます。

そもそも、人間が夜間に尿を漏らさないのは、身体が膀胱に尿を溜める「抗利尿ホルモン」を分泌させているからです。この抗利尿ホルモンは、自律神経によって左右される物質であるため、時間や回数など正常な排尿を促すには、自律神経が適切に働いている必要があります。

自律神経は、精神的・肉体的ストレスに非常に弱く、身体や心がストレスを感じると自律神経の働きが鈍くなります。そうすると、抗利尿ホルモンの分泌が減少され、正常な排尿が難しくなってしまうのです。特に、身体が未発達な小学生は大人ほど尿を保持することができず、夜尿症になりやすいといえます。

二次夜尿症は心理的ストレスが原因

幼児期にずっと続いていたおねしょがなくなり、6カ月以上も正常な排尿が行えていたのにも関わらず、再びおねしょを繰り返すようになるのを、『二次性夜尿症』といいます。

この二次性夜尿症の原因は、主に心理的なストレスによるものだとされています。もちろん、正確な症状の判断をするためには、医師の診断が必要です。しかし、二次夜尿症が発症した子どものほとんどは、保育園・幼稚園や小学校への進学、学校生活での不適応、妹や弟が生まれたことによる環境の変化、両親の不和など、子どもにとって大きなストレスが原因になっているケースが多いのです。

前述したように、子どもは心理的なストレスを受け続けると、自律神経の働きが鈍くなってしまい、抗利尿ホルモンが減少して、夜尿症になってしまいます。子どもも小学生くらいになれば、おねしょすることが「いけないこと」「恥ずかしいこと」ということを、よく理解しています。おねしょをする事自体が、子どもにとって精神的なストレスとなり、さらに夜尿症が続いてしまう負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。

小学生の子どもが、夜尿症になった場合は、ガミガミ怒ったり責めたりせず、ストレスを感じていることを理解してあげましょう。

合わせて読みたい

子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...

対処方法としては心身のケアが必要

手の中の葉っぱ

一般的には、6~7歳になっても夜尿症が続く場合、医師の診断を受けた方が良いとされています。診断を受けた上で、保護者は、家庭での生活習慣を工夫をすることと、精神的なストレスを取り除くことが大切になります。

生活習慣を工夫する上で必要なのは、尿量を溜め込まないことです。小学生くらいの子どもは、まだ膀胱が大人よりも小さいので、寝る前の水分量は控えるようにしましょう。具体的には、寝る前の2時間は水分を控えるようにし、利尿作用を促進させる「塩分」も控えましょう。

昼間は、夜ぐっすりと眠れるように、身体を動かす遊びをさせてあげましょう。また身体を動かすことは、自律神経を正常に働かせる効果もあります。小学生で夜尿症がある場合は、心理的なケアも大切になります。小学生になれば、小さな子どもより、周囲の環境の変化に敏感ですし、自分の言葉で意見を伝えることができます。学校での悩みごとや不安なことについて、じっくりと話し合うようにしましょう。

なお、子どもの心の傷があまりにも大きい場合は、専用のカウンセリングを受けるという手段もあります。大きな心的要因が考えられる場合は、カウンセリングも視野に入れてみてください。

おわりに

幼児のおねしょは、身体が未発達な子どもにとって、正常な生理現象なので心配する必要はありません。しかし、小学生になっても続く場合は、身体の発達が遅れていたり、心理的なストレスを受けていたりする可能性があります。

泌尿器科で医師の診断を受けたら、寝る前の尿量を減らすこと、また子どもと話し合って、心理的な不安や悩みを取り除くことが大切です。いずれにせよ、子どものおねしょが続く場合、保護者は一人で悩まずに、病院で相談されることをおすすめします。

ピックアップ

アデノウイルスの原因・症状・潜伏期間・治療法まとめ
アデノウイルスとは 「アデノウイルス」は、おもに乳幼児~学童に多い、風邪の原因となるウイルスのひとつです。感染するとほかにもさまざまな症状が現れてきます。アデノウイルスには49種~51種類の型があるといわれています。種類が多いだけあって感染するとさまざまな病気の原因になる恐れも。また、一つ...
子供の急な発熱にびっくり!基礎知識と4つの対処法
小さな子どもの場合、さっきまで外で元気で遊んでいたと思ったら、急に発熱することがあります。そんな時にすぐに病院に連れていったほうが良いのか、薬を飲ませたほうが良いのか、食事は食べさせた方が良いのかなど、いろいろと判断に迷うことがあります。大事なことは、子供の急な発熱の原因を知っておくことです。そ...

https://tamagoo.jp/childcare/allergic-rhinitis-cause-symptom-prophylaxis/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
小学生になってもおねしょする?原因はストレスにあった
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る