【レシピ付き】ごはんに飽きたらパンで離乳食を作ってみよう

8枚切りの食パン
お米が主食の日本では、離乳食のはじめの一歩は「おかゆ」が定番です。月齢があがるにつれて、「おかゆ」の固さは変わっていきますが、お米であることには変わりありません。「たまにはちがうものを食べさせたいな」と思ったら、パンの離乳食を作ってみましょう。赤ちゃんの食欲にも変化があるかもしれません。

パンを使った離乳食の基本

パンを食べる赤ちゃん
日本の主食はお米ですが、海外には、パンやパスタといった小麦製品を主食とする国もたくさんあります。離乳食の第一歩は、その国の主食が利用される傾向にあるようです。豆やバナナ、芋、とうもろこしなど、各国の食文化によって離乳食に使われる食材もさまざま。どれも水分を加えて柔らかくし、薄くのばした状態で食べさせます。まずは、パンを使った離乳食の基本知識をおさえておきましょう。

5・6カ月から開始できる

パンの離乳食は、5・6カ月からはじめることができます。厚生労働省のガイドラインによれば、離乳食をはじめる時期は生後5カ月ごろからが適当とされており、パンの離乳食も初期から食べられます。実際に、5・6カ月でパンを食べさせたことがある人はおよそ3割。離乳後期の9~11カ月になると、9割の人が離乳食にパンを食べさせたことがある、という調査結果が出ています。離乳食に使うパンは、油脂や糖分の少ない食パンが基本です。耳の部分は固く、油も多いので、真ん中の白い部分を使います。

小麦アレルギーに注意

食物アレルギーの発症の多くは、1歳未満の乳児です。アレルギーの原因になる食物としては、鶏卵、牛乳の割合が高く、他に小麦、大豆、米を加えたものを5大アレルゲンと呼んでいます。パンは小麦でできていますから、アレルギーがある場合は症状が出ます。どのような食べ物でもそうですが、はじめて与えるときは、「少量」「午前中」にしてください。問題がないかどうか確認するために少量、もし問題があった場合でもすぐに医師に相談できるよう、病院があいている日中にしたほうが安全です。そして、はじめての食べ物は1品目ずつにしましょう。これは、アレルギー反応が出たとき、原因となる食べ物を特定しやすくするためです。心配な方は、かかりつけの医師にアレルギー検査について事前に相談することをおすすめします。

合わせて読みたい

離乳食の進みが遅くても大丈夫?よく食べる子になるためにできる三つのこと
離乳食の進みが遅くても大丈夫?よく食べる子になるためにできる三つのこと
「好き嫌いが激しい」「食が細い」など、子どもの食に関する悩みはつきません。元気に大きくなるために、なんでもよく食べる子に育ってほしいと願...

パン離乳食のレシピ

離乳食が好きな赤ちゃん
ごはんはどんなおかずにも合う主食ですが、食の細い子、食べることにあまり興味が持てない子は、飽きてしまうかもしれませんね。「朝食はパン」というご家庭も多いですから、たまには赤ちゃんも一緒にパンの離乳食を食べてみましょう。簡単なレシピを離乳食の段階別にご紹介します。

5・6カ月で食べられる基本のパンがゆ

ミルクのパン粥
お米のおかゆと同じく、パンもおかゆにします。牛乳はアレルゲンになる可能性があるので、母乳の成分に近い粉ミルクを使ってください。

材料

  • 食パンの白い部分 1/6枚(8枚切り)
  • お湯でといた粉ミルク 大さじ3

作り方

  1. 食パンの白い部分を細かくちぎります。
  2. お湯でといた粉ミルクに浸してラップをかぶせ、1分程度電子レンジにかけます。
  3. できたらすり鉢ですりつぶします。

7・8カ月は肉と野菜をプラスしたトロトロ煮

ほうれん草のパン粥
赤ちゃんがもぐもぐと口を動かしてものを食べるようになったら、油の少ないお肉と野菜を加えた離乳食にトライします。

材料

  • 食パンの白い部分1/4枚 (8枚切り)
  • ささみ 1/7本
  • ほうれん草 葉を少し
  • 野菜スープ 大さじ3

作り方

  1. ささみとほうれん草はゆでてみじん切りにします。
  2. 食パンを野菜スープで煮てつぶした後、ささみとほうれん草を加えて混ぜます。

    ※食パンを大さじ3の野菜スープで煮るのは、少量すぎてたいへんですから
    電子レンジを利用してもかまいません。
    また、量を多めにして小鍋で調理し、ベースとして冷凍してもよいでしょう。

9~11カ月は見た目も楽しくポテサラサンド

ロールパンのサンドイッチ
赤ちゃんがカミカミして食べられるようになったら、パンの形のまま与えます。手づかみで食べられますし、ロールパンの皮が香ばしく、食欲をそそります。食パンをつかみやすいスティック状に切り、ディップのようにつけて食べてもいいですね。

材料

  • ロールパン 1個
  • じゃがいも 1/4個
  • にんじん 1/8個
  • 粉チーズ 小さじ1/2

作り方

  1. ロールパンは、厚めにスライスして真ん中に切れ目を入れます。
  2. じゃがいもはゆでてつぶし、ゆでにんじんのみじん切りと粉チーズを混ぜて
    ポテトサラダ風にします。
  3. これをロールパンの切れ目にはさみます。

   

合わせて読みたい

離乳食は進んでいるけどフォローアップミルクって必要?不要?
離乳食は進んでいるけどフォローアップミルクって必要?不要?
育児をしている中で、フォローアップミルクという言葉を耳にする機会があるかと思います。ママ友との会話の中で、「飲ませた方がいいのかな?」と...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る