【医師監修】タバコが赤ちゃんにもたらす悪影響を考えよう!受動喫煙の怖い五つの影響

監修医師プロフィール:山中岳先生の写真山中岳 先生

平成8年医師免許取得 東京医科大学病院小児科。

子供の心身の成長に向き合う現場を20年以上経験する医師。経験に加え、日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医・指導医、日本てんかん学会専門医・指導医、と数多くの資格を所持。日々、てんかんや熱性けいれんなどのけいれん性疾患、頭痛、発達の遅れ、脳性麻痺など、主に神経疾患のお子さんの診察を行っています。

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/shoni/staff/294.html


煙草を吸う妊婦さん
妊娠が発覚した、または赤ちゃんが生まれた後もタバコをやめることができずに悩んでいるママや、パパにタバコをやめてもらいたいけれど言い出せないというママは多くいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、タバコが赤ちゃんにどのように悪影響を及ぼしてしまうのか、受動喫煙がどれほど恐ろしいものであるのかという点について具体的にご説明していきます。

タバコはなぜダメ?煙の中の三大毒とは

タバコの煙
世界的に禁煙が叫ばれている昨今。でも、「タバコは体に悪い」ということはなんとなくわかっていても、タバコの何がどう体に悪いのかを考えたことがある方は少ないのではないでしょうか。実は、タバコの煙には多くの有害物質や発がん性物質が含まれています。その中でも特に怖いとされているニコチン、タール、一酸化炭素の毒についてご説明いたします。

タバコの煙に含まれる三大毒:ニコチン

ニコチンの怖さはその習慣性にあります。タバコを吸うとストレスが解消されたようなすっきりとした気持ちになりますよね。
その理由は、ニコチンが脳の中枢神経系に作用し、快感を生み出すからです。脳がその快楽を忘れられずニコチンを欲しがるために、「ニコチン依存」となるのです。「ニコチン依存」になると、なかなかタバコを吸うという習慣から離れられなくなってしまいます。

タバコの煙に含まれる三大毒:タール

愛煙者の歯はヤニで黒くなり、家の中の壁やカーテンが黄ばみます。このように歯や壁などを染める物質の正体が「タール」です。タールは肺をどす黒く変え、その機能を失わせるのです。さらに、タールは数百もの有害物質や発がん性物質を含んでいるため、タバコを吸うことによってガンにかかるリスクも上がります。日に20本タバコを吸うと、年間でコップ1杯分のタールを体に取り込んだことになります。

タバコの煙に含まれる三大毒:一酸化炭素

タバコの悪といえばニコチンやタールが有名ですが、実は一酸化炭素も非常に悪影響を及ぼします。タバコを吸うと一酸化炭素が多く作られるため、体はいつも酸欠状態に陥ってしまいます。慢性的な酸素不足は運動能力の低下を引き起こし、動脈硬化の原因となるのです。タバコを吸いすぎると体の中の一酸化炭素の濃度が上がるため、気分が悪い、吐き気がするといった症状にもつながります。

合わせて読みたい

お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
タバコ・お酒が好きな方であれば、妊活中のストレスでついタバコやお酒が欲しくなってしまうこともあるでしょう。妊活中なら、喫煙や飲酒は可...

受動喫煙の怖い胎児への影響

妊婦の受動喫煙による影響
次に、受動喫煙によるタバコの害がおなかの赤ちゃんに及ぼす影響についてみていきましょう。妊婦さんであるママがタバコを吸わなくても、パパが吸っているタバコの煙がおなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼす場合があります。例えばパパがママのそばで日に10本のタバコを吸ったとすると、ママは自覚のないまま1本分のタバコを吸ったのと同じことになってしまうのです。

リスクの高い受動喫煙 主流煙と副流煙の違い

タバコから出る煙には2種類あります。タバコを吸っている人が直接吸い込む煙が主流煙、タバコの点火口から出る煙が副流煙です。主流煙はタバコにあるフィルターを介するため、有害な物質は一部排除されます。しかし副流煙はフィルターを通らない煙です。そのため、主流煙よりもなんと2倍以上の有害物質を含んでいます。受動喫煙のリスクが高いのはこういった理由があるのです。

受動喫煙の怖い影響その1:異常出産のリスク

妊婦であるママがタバコを吸った時、または受動喫煙してしまった時、おなかの赤ちゃんは一瞬呼吸が止まってしまいます。赤ちゃんが窒息状態に陥ってしまうため、死産・早産・流産、先天性奇形や低体重児などのリスクが高まるのです。妊娠中に受動喫煙にさらされることは、胎児の体の発達に大いなる妨げとなります。

受動喫煙の怖い影響その2:栄養・酸素不足

ニコチンには血管を収縮させる作用があるので、妊娠中のママから赤ちゃんへ流れる血液の量が減ってしまいます。それにより、赤ちゃんへ十分な酸素と栄養が送られなくなるのです。一酸化炭素は体に入ると、血液の中のヘモグロビンと結合し血液を低酸素の状態にします。ママから赤ちゃんへ送られる酸素が少なくなり、その結果赤ちゃんも低酸素になってしまうのです。

合わせて読みたい

まだ早い?赤ちゃんを連れて行っては行けないスポットはここ!
まだ早い?赤ちゃんを連れて行っては行けないスポットはここ!
生まれてから1カ月は、ほぼ家の中で過ごす赤ちゃんも、1カ月健診がすみ2カ月になるころには、日なたぼっこをしたり公園にお散歩に行ったりと、...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】タバコが赤ちゃんにもたらす悪影響を考えよう!受動喫煙の怖い五つの影響
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る