食べ物や蜂毒で起こるアナフィラキシー ショックとは!アレルギーとは違うので要注意!

スポンサーリンク

アナフィラキシーショック

子どものアレルギー、アナフィラキシーショックは、ある日突然襲われることが多く、初めてその姿を目の当たりにすると、慌ててしまい、どう対処したら良いか分からなくなってしまうママも多いことでしょう。アナフィラキシーショックは生死に関わる場合もありますので、普段からしっかりとした知識を身につけておき、いざという時に慌ててなくて済むよう備えておくことが必要です。

アレルギーとアナフィラキシーについて

アナフィラキシーショックもアレルギーの一種ではありますが、アレルギー反応の中でも症状がもっとも強く、短時間で全身にその反応があらわれるものをアナフィラキシーショックと言います。私たちの身体には、外から異物が入ってきた時にそれを排除しようとする働きがあります。それを免疫と呼ぶのですが、その免疫が過剰に反応した結果、身体にマイナスの効果を引き起こしてしまうのがアレルギー反応です。

アナフィラキシーショックとは?

アナフィラキシーショックは極めて短時間に、全身にわたってその症状があらわれるのが特徴的で、30分以内には症状があらわれると一般的に言われています。アレルギーはかゆみやじんましん、吐き気や下痢などの症状があらわれるのが一般的ですが、それが短時間に急激に起こることで、身体がショック状態に陥り、死の危険が生じてくるのです。

アナフィラキシーショックの症状とは?

症状は全身性で、原因にもよりますが複数の臓器に症状があらわれます。おもに、かゆみやじんましんなどの皮膚の症状、目のかゆみやくちびるの腫れなどの粘膜の症状、せきや息苦しさなどの呼吸器の症状、腹痛や嘔吐などの消化器の症状、血圧低下などの循環器の症状などです。急激に血圧が低下して呼吸困難に陥り、意識を失うと言ったケースも多いので、すぐに病院に連れて行き適切な処置を受けることが大切です。

アナフラキシーショックの原因となるものは?

アナフィラキシーショックを起こすおもな原因としてあげられるのは、食物・蜂毒・薬物などがあります。原因は身近にあるものが多く、日常生活のあらゆるシーンに潜んでいます。食物や薬を摂取した際に少しでも気になる事や、実際に軽くでもアレルギー反応がでた時には、病院に行くなどして専門家に相談すると良いでしょう。

合わせて読みたい

2回目以降にミルクを飲ませると発症!怖いミルクアナフィラキシーとは?
アナフィラキシーショックとはアレルギー反応のひとつで、短時間に激しい症状が現れるのが特徴です。2回目に蜂に刺された時、そばを食べた時...

食物によるアナフィラキシーについて

食物アレルギーは子どもに多くみられ、とくに乳幼児は消化器官が未発達であるため、アレルギー反応を起こしやすいとされています。成長するにつれて消化器官も強くなり、食物に対する耐性がつくようになりますが、子どもにいつもと違う様子が見られたり、気になる点があらわれたりした時には、迷わず小児科に連れていくようにしましょう。

アナフィラキシーのタイプは数種類ある

食物によるアナフィラキシーショックには、即時型と特殊型があります。即時型は、食物を摂取してからすぐにアナフィラキシーの症状があらわれます。かゆみやじんましんなどの皮膚症状や呼吸器、消化器などにあらわれることが多く、ショック状態に陥ってしまうこともめずらしくはありません。また、特殊型には食物依存性運動誘発アナフィラキシーと呼ばれるものがあります。これは、食物を摂取してから運動をすることによってアナフィラキシーショックが起こるものです。食物と運動のいずれかだけではアナフィラキシーが起こることはなく、両方が組み合わさることで発症するアレルギーです。

どのような原因で、どのような症状がでるの?

鶏卵・牛乳・小麦は、食物の3大アレルゲンと呼ばれています。しかしこの他にも、えび・かに・ピーナッツ・そば・果物などもアレルゲンとしては有名です。症状としては、皮膚、呼吸器、粘膜、消化器など、個人によってさまざまです。アナフィラキシーショックは以上のような臓器に短時間で強い症状があらわれますので、とても注意が必要です。

しっかりと対策をすれば大丈夫!

食物によるアレルゲンは個人によってさまざまな違いがありますので、まずはその人のアレルゲンを特定することがとても重要になります。食事をとった後に、少しでも違和感があり、それが何回も続くようなら、医師に相談して検査などを受けるようにしましょう。そして、アレルゲンがはっきりとしたら、加工食品の原材料表示を確認しながら、アレルゲンとなる物質をなるべくとらないように気を付けていきましょう。とくに子どもの場合は、保育園や幼稚園、学校など親の目の届かないところでの対策が必須になりますので、先生と密に連絡を取り合いながら、その対応をお願いしていくようにしましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃん要注意!アレルギー性の肺の病気「加湿器病」知ってますか?
肌や体内を乾燥から守る加湿器は、赤ちゃんの風邪予防のためにも必要不可欠なアイテムですよね。特に冬場はインフルエンザも流行するので、予...
小学生と中学生の女の子2人を持つママです。娘が成長するにつれ、女子トークに花が咲き楽しい毎日を送っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
食べ物や蜂毒で起こるアナフィラキシー ショックとは!アレルギーとは違うので要注意!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る