親が果物アレルギーだと子どもも発症?急増する果物アレルギーについて

果物アレルギー
食物のアレルギーでは、卵、小麦、乳、そばなどが思い浮かびますが、果物でもアレルギーが起こるのを知っていますか。果物アレルギーは、子どもから大人まで幅広い年齢で起こり、今まで食べていた果物でも発症することがあるようです。また、果物アレルギーと花粉症、天然ゴム製品に触れることで起こるラテックスアレルギーとの関係が深いことが分かっています。管理栄養士の資格をもつライターが今回は、果物アレルギーについてリサーチしました。

何かおかしい?果物アレルギーの症状と原因

舌がピリピリ
ある果物を食べて舌がピリピリするなど、口の周りに違和感を覚えた経験はありますか?果物アレルギーは、主に口の周辺で症状が起こると言われています。症状が軽いことも多く、何かおかしいと感じていても、病院を受診するほどではないと見過ごされてしまいがちなのが果物アレルギーです。

口周辺に違和感!口腔(こうくう)アレルギー症候群とは

口の周りで起こるアレルギー症状を「口腔(こうくう)アレルギー症候群」と言います。特定の果物や野菜を食べることで、舌がピリピリする、喉や口の中がかゆい、唇や口の中が腫れるなど、口の周りだけに現れる症状のことです。症状が軽いからと言って、特定の果物を食べ続けると、次第に症状が重くなることも。また、今まで食べても問題がなかった果物でアレルギー症状が起こることもあります。果物アレルギーは、口腔(こうくう)アレルギー症候群が多いのですが、その一方で、全身にじんましんがでる、呼吸が苦しくなる、ショック症状になるなど、重い症状がでる場合もありますので注意が必要です。

果物と花粉やラテックスとの関係

果物アレルギーと、花粉症やラテックスアレルギーとの関係と言われてもピンとこないかもしれません。実は、花粉症やラテックスアレルギーの原因となるタンパク質と、果物のタンパク質が似た形をしているものがあり、それがアレルギーを起こすきっかけになると考えられています。ラテックスアレルギーはラテックス(天然ゴム)が原因ですが、花粉症は人によって反応する植物の種類がさまざま。アレルギー症状がでる花粉と似た果物を食べると、果物アレルギーが起こります。

合わせて読みたい

【医師監修】子どものアレルギーってどうやって気づけるの?卵や小麦粉は食べさせていい?
【医師監修】子どものアレルギーってどうやって気づけるの?卵や小麦粉は食べさせていい?
0歳の赤ちゃんの離乳食がスタートして、かゆみを伴う発疹や皮膚の腫れ、嘔吐(おうと)などの症状があると「もしかしてアレルギー?」と不安にな...

アレルギーに注意したい果物の種類

カットフルーツ
体には、外から入る異物から体を守ろうとする働きがあります。その働きで病原菌やウイルスから体を守っていますが、花粉症などは特定の物質が体の中へ入ると過剰に反応してしまうのです。どの種類の果物と、植物の花粉やラテックスが関係しているのか、具体的に見ていきましょう。

花粉症の原因となる植物と果物の一覧

花粉との関連がある果物は以下の通りです。
(参考:食物アレルギー診察ガイドライン2016)

花粉
果物
カバノキ科
シラカバ、ハンノキ、オオバヤシャブシ
リンゴ、西洋ナシ、サクランボ、モモ、スモモ、アンズ
キウイフルーツ、マンゴーなど
イネ科 メロン、スイカ、キウイフルーツ、オレンジなど
キク科 ヨモギ マンゴーなど
キク科 ブタクサ メロン、スイカ、バナナなど

一度花粉症になってしまうと、治る可能性はほとんどないと考えられています。果物アレルギーも同じです。果物アレルギーは、花粉症になってから発症することが多いと言われています。花粉症がある場合は、果物アレルギーにも注意したいものです。もし、果物アレルギーを発症しても、花粉症の原因となるタンパク質は熱に弱いため、果物を加熱すると食べられることがありますよ。

ラテックスアレルギーと果物

ラテックスアレルギーは、ゴム手袋などの原料に使われるラテックス(天然ゴム)で起こるアレルギーです。ラテックスに似たタンパク質を持つ果物は、「栗、アボカド、バナナ、キウイフルーツ、パパイア、イチジク、メロン、マンゴーなど」です。花粉と似たタンパク質を含む果物と重なるものもありますね。しかし、ラテックスの場合、加熱をしても症状が現れますので注意が必要です。

食品表示に記載されている果物は特に注意

食品表示を見ると、アレルギーの原因になる食材が記載されています。表示が義務付けられているのは「卵、小麦、乳、そば、エビ、カニ、落花生」の7品目です。そのほかに、表示を推奨されているものは18品目あり、果物は「オレンジ、キウイフルーツ、バナナ、モモ、リンゴ」が含まれます。表示のリストに含まれる食品は、厚生労働省がさまざまなアレルギーの発症事例などを基に選んだ、ショック症状などの重い症状が現れやすい食品です。これらの果物でアレルギー症状があった人は、食品表示を見て避けたほうがよいでしょう。

合わせて読みたい

アレルギーの子でも食べられる、優しいお菓子のレシピ
アレルギーの子でも食べられる、優しいお菓子のレシピ
「食物アレルギーでも、おやつにはできるだけいろいろなお菓子を食べさせてあげたい」それは、食物アレルギーのある子どもをもつ、親たちの共...
30代後半。夫、5歳の息子の3人家族。管理栄養士。食べ物が好きで、美味しいものには目がありません。「ごはんまだ?」の声を聞きながら、毎日ドタバタして過ごしています。好きな言葉は、時短、節約、シンプルです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
親が果物アレルギーだと子どもも発症?急増する果物アレルギーについて
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る