アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ

スポンサーリンク

鼻をかむ少年

今や、国民の5人に1人がアレルギー性鼻炎を持っているといわれます。最近では発症の低齢化も進み、子どものアレルギー性鼻炎も多くみられます。命にかかわる病気ではありませんが、そのまま放っておくと日常生活に影響を及ぼすことも。早速原因や症状から予防法までご紹介していきます。

アレルギー性鼻炎について

ほこり

アレルギー性鼻炎は、ほぼ一年中症状が現れる通年性アレルギー性鼻炎と、ある特定の時期に症状が現れる季節性アレルギー性鼻炎の大きく二つに分類されます。

通年性アレルギー性鼻炎は、冬場や夏場に症状が強くあらわれる傾向があります。これは冷暖房をかけるため窓が閉め切った状態となり、ハウスダストが室内を飛び回るからです。また、空気の乾燥も症状を悪化させる原因となります。

一方の季節性アレルギー性鼻炎はいわゆる「花粉症」とも呼ばれ、花粉が抗原(アレルゲン)である場合がほとんどです。発症時期は、アレルギーの原因となる植物の開花時期と一致しています。複数の花粉に反応をおこすようになると、ほぼ一年中症状が現れます。

また、くしゃみ・鼻みず(水溶性)・鼻づまりというアレルギー性鼻炎の三大症状に加え、目やのどのかゆみ・目の充血・涙目などの症状を伴います。

アレルギー性鼻炎の症状

くしゃみ

くしゃみ・鼻みず(水溶性)・鼻づまりが代表的な症状で、風邪の初期症状と似ています。

子どものアレルギー性鼻炎では、成人に比べて鼻づまり型が多く、くしゃみ型が少ない傾向にあります。また、目のかゆみや充血といった症状が、成人に比べて強くあらわれる傾向があります。

アレルギー性鼻炎の発症は、自律神経の働きと深いかかわりがあります。自律神経には交感神経と副交感神経があり、日中は交感神経が、夜から朝にかけては副交感神経が働きます。アレルギー性鼻炎の症状は、副交感神経の働きが活発になったときに出やすくなるため、朝夕に強くあらわれる傾向にあります。

アレルギー性鼻炎の診断基準

吸引

はじめに問診で、発症時期や症状の程度、家族のアレルギー既往歴などについて質問されます。続いて鼻粘膜の状態をみるための鼻鏡検査や、風邪の初期症状とアレルギー性鼻炎を見分けるための鼻汁中好酸球検査などを行います。

好酸球は、白血球の一種でアレルギー性の炎症が生じた組織にたくさんみられます。好酸球が鼻粘膜から検出されるとアレルギー性鼻炎が疑われますが、常に検出されるというわけではなく、花粉症の季節外やアレルギー反応が弱いときは検出されない場合もあります。

検出された場合は、アレルギー性の炎症がおきていると思って間違いなく、検出されないからといっても、アレルギーを否定はできません。

上記の検査の結果、アレルギー性鼻炎と診断されると、原因となっている抗原(アレルゲン)を特定するための皮膚反応検査・血中特異的IgE抗体検査・鼻粘膜誘発テストを行います。ほかにも、副鼻腔(びくう)炎の合併の有無を調べるためレントゲン検査を行う場合もあります。

アレルギー性鼻炎になる原因

鼻をおさえる

抗原(アレルゲン)が鼻から体内に侵入すると、私たちの体は「抗体(=IgE抗体)」という物質を作って抗原を攻撃します。IgE抗体とは、アレルギーの原因となる抗原との接触を繰り返すたびに体内に蓄積される物質で、一定量を超えるとアレルギー性鼻炎を発症します。このような体の防御システムを「免疫」といいます。

しかし、抗体が体内で増えすぎると過剰反応をおこし、くしゃみや鼻みずなどによって抗原を排除しようとします。これがアレルギー性鼻炎の原因となります。

漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る