赤ちゃんの突然死!乳幼児突然死症候群の原因・予兆・予防法はあるの?うつぶせ寝が原因?

良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんの突然死!乳幼児突然死症候群の原因・予兆・予防法はあるの?うつぶせ寝が原因?

「七つまでは神のうち」と言われていた時代を超え、現在では乳幼児に亡くなる子どもはとても少なくなっています。ただ現在でも、なんの前触れもなく乳幼児突然死症候群などが原因で亡くなる赤ちゃんもいます。今回はこの「乳幼児突然死症候群」について見ていきましょう。

スポンサーリンク

乳幼児突然死症候群ってどんなもの?

健やか

乳幼児突然死症候群は、「SIDS:Sudden Infant Death Syndrome」と呼ばれるものであり、その名前の通り、突然起こるものです。今まではまったく健康に異常がなく、病歴などもなかった健康体の赤ちゃんが突然この世からいなくなってしまう辛い死です。ご両親のショックは計り知れません。

この乳幼児突然死症候群は、寝ているときに起こってしまいます。6000人~7000人に1人の割合で起こると考えられているものであり、生後2か月~半年以内の子どもによく発生します。起こる時期は冬、それも午前中までが多いと考えられています。

女児よりも男児の方に起きやすく、また、で生まれた子どもや体重が少ない状態で生まれてきた子どもによく起こる傾向にあるようです。その発生確率は徐々に減少傾向にあるものの、依然として多く見られる症状です。

合わせて読みたい

母乳とミルクの違いとは?
赤ちゃんが産まれてはじめて口にする母乳について、妊娠中の方なら一度でも考えたことがあると思います。 「ちゃんと母乳は出てくれるだろうか?」ということから、「母乳とミルクだったらやはり母乳の方が良いのだろうか?」といった疑問や、「母乳育児とミルク育児ではどのような差が出るのだろう?」など、考え出...

乳幼児突然死症候群の原因はどこにあるのか?~うつぶせ寝

うつぶせ

乳幼児突然死症候群の原因についてですが、実はこれははっきりとはわかっていません。ただ、「直接的な原因ではない」とされてはいるものの、うつ伏せ寝や喫煙、そしてミルクでの子育てが要因であるかもしれない、と指摘されています。

特にうつぶせ寝については、「仰向けで寝ているときに比べると乳幼児突然死症候群が起きる可能性が高い」とされています。特別な理由がなければ、うつぶせ寝は避けましょう。うつぶせで寝ている場合、乳幼児突然死症候群だけでなく、誤飲や窒息を招いてしまうことにもなりかねないからです。

もっとも、「赤ちゃんの体つきなどによって、医療機関から『うつぶせ寝で寝かせるように』と指導されている場合は、その指導の方を優先するべきだ」として国が見解を出しています。

合わせて読みたい

お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
タバコ・お酒が好きな方であれば、妊活中のストレスでついタバコやお酒が欲しくなってしまうこともあるでしょう。妊活中なら、喫煙や飲酒は可能でしょうか。そして、何か問題があるでしょうか。 今回は、妊活中の喫煙と飲酒についてまとめました。 タバコ・お酒好きでも妊活できる? タバ...

喫煙のリスクと母乳について

喫煙

「非常に危険だ」と言われているのは、「喫煙」です。両親の喫煙率と乳幼児の乳幼児突然死症候群は非常に密接な関係にある、と国は指摘しています。両親ともに禁煙しているときと両親ともに喫煙している場合では、乳幼児突然死症候群の発生確率が4.7倍近くになるとまで言われています。この差は決して無視できません。

また、「乳幼児突然死症候群になりやすい子ども」のところで触れたように、赤ちゃんが低体重で生まれてくると、乳幼児突然死症候群を起こしやすくなります。妊娠時の喫煙は、この「低体重出産」を招きやすくなるのでやめるべきです。もしどうしてもやめられない、ということであれば、必ずかかりつけの医師に相談し、禁煙のやり方の指示や節煙などについての指導を受けてください。

この「喫煙による乳幼児突然死症候群リスクの向上」は、「両親の喫煙だけでなく、それ以外の人の喫煙にも影響を受けているのではないか」とも言われています。そのため、同居の家族の喫煙状況にも気を配るべきです。喫煙者を家に招いた場合などは、「煙草を吸うのならば換気扇の下で」「子どもの傍では煙草を吸わないように」とお願いすることをおすすめします。

もっとも現在は喫煙者の割合はとても少なくなっています。平成26年の段階では、男性の喫煙率は30.3パーセント、女性の喫煙率は9.8パーセントにまで下がっています。昭和40年と比べると喫煙率は大きく低下しています。(男性の場合は52パーセントの減、女性の場合は5.9%の減)

ミルクで育てられている子どもは、母乳で育てている子どもよりも乳幼児突然死症候群になる可能性は低い、とされています。そのため、国では、「できるだけ母乳で育てることが望ましい」としています。

ただし、「ミルクが乳幼児突然死症候群の原因となっているのだ」というわけではありません。また、「母乳だと子どもの飲みが悪い」「あまり飲んでくれなくて体重が増えない」「そもそも母乳があまり出ない」ということであれば、ミルクの力を借りましょう。ミルクで育てることが悪い、絶対に母乳で育てなければならない、というのもとても乱暴な話です。

乳幼児突然死症候群は突然起こるものですから、予兆がありません。また、原因もわかっていません。ただ、「リスク要因」についてはある程度わかっていますから、このような要因を排除していくように努めましょう。

おわりに

元気な赤ちゃんが突然亡くなってしまう「乳幼児突然死症候群」は、非常に大きなショックを保護者にもたらします。何の前触れもなく突然命が失われてしまうのは、親にはたまらない苦痛でしょう。
現在、乳幼児突然死症候群を完全に防ぐ方法は見つかっていません。ただ、ハイリスク要因を避けることである程度対処はできるようです。

大切な我が子を守るために、周囲に理解を求め、自分でできる対策をしっかり講じていきたいですね。

ピックアップ

赤ちゃんの寝返りはいつから始まる?4つのポイントに注意!
寝ているとき、私たちは何回か寝返りを打ちますね。しかし、人間は生まれたときから寝返りを打てるわけではありません。生まれて数カ月してやっと寝返りを打てるようになるのです。つまり、赤ちゃんにとって寝返りとは成長の第一歩!我が子の成長が目に見えると親としては嬉しいですよね。 しかし赤ちゃんの...
母乳が出ない?今すぐ試したい母乳育児5つのコツ
母乳育児が推奨される理由は、たくさんあります。母乳には赤ちゃんに必要な栄養が豊富に含まれていることはもちろん、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを大幅に減らしてくれたり、免疫力を高めて病気にかかりにくくしてくれたりなど、メリットを挙げたらきりがないほどです。また、子宮の回復を早めたり、母性愛...

https://tamagoo.jp/childcare/mixed-child-care/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
赤ちゃんの突然死!乳幼児突然死症候群の原因・予兆・予防法はあるの?うつぶせ寝が原因?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

0歳児・新生児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る