子どもができたら学資保険に入るべき?知っておきたい学資保険のこと

良ければシェアをお願いします。

カウンセラー

子どもが産まれるとこれからかかるお金のことが心配になるものだと思います。特に、子供の学費については額が大きいため、一番気になるところではないでしょうか。そんな時、力強い味方となるもののひとつとして学資保険があります。今回は、そもそも学資保険とはどんなものなのか、学資保険を選ぶ際に気を付けるポイントについて紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは学資保険について知りましょう

子どもが産まれるまで学資保険なんて考えたこともないという人は多いのではないでしょうか。でも、実際子どもが生まれれば学資保険に入った方がいいのではないかと思う機会はあるはず。ここでは、学資保険とはどういうものなのか。基本的なことを知っていきましょう。

そもそも学資保険とはどんなものでしょうか

学資保険とは子どもの教育にかけるお金を確保するための保険のことで、毎月決められた保険料を払い続けていけば、祝い金や満期額資金として子どもの年齢に合わせた給付金が受け取れるというものです。その満期金を子どもの教育資金にあてようという人が利用します。中には、契約者本人である親が万が一の事態や子どもが病気などをした際にも給付金がおりる商品もあります。

学資保険のメリットを知っておこう

子どもの進学と共に必ずまとまったお金が必要となってきます。その時に備えて十分に貯金ができないという人はこの保険はかなり有効に活用できるでしょう。保険料を毎月支払っていけば、ほとんどの学資保険は進学の際に大きなお金を受け取れるというシステムとなっているため、計画的な貯金が苦手だという人に向いているといえます。また、親にもしものことが起こった場合、保険料の支払い免除措置があるという部分は大きなメリットです。

学資保険のデメリットを知っておこう

保障が充実している商品は保険料が高く設定されているため元本割れのリスクが高いものが多いという側面もあります。また、途中で解約すると大きく損をしてしまうというところが最大のデメリットといえるでしょう。中途解約をしてしまうと返ってくる保険金は確実に支払った金額より低くなってしまうため、元本割れをしてしまいます。

合わせて読みたい

出生届・給付金・産後に行うべき手続きまとめ
妊娠中は、妊婦の体調や無事に赤ちゃんが生まれてくるための環境づくりに気をかけなければなりません。その一方で、赤ちゃんが生まれた後の手続きなど、行うべきことを事前に確認し、忘れずに行動していくことも重要です。 今回は産後に行うべき手続きや、受け取ることのできる給付金などについてご紹介します。 ...

学資保険の加入と戻返率について

子どもが産まれたらすぐに学資保険に入るべきか、それともしばらくしてから入った方がいいのかタイミングをつかむのはなかなか難しいのではないでしょうか。ここではいつ保険に入るのが親にとって一番負担が少ないのか、また戻返率について注目してみましょう。

学資保険に加入できるのはいつからでしょうか

ほとんどの学資保険は、子どもが出生してからすぐに加入することが可能です。一部の商品には妊娠の経過が順調で問題なければ、出産予定日の○○日前から保険に入ることができるものもあります。月々の学資保険料をなるべく少なくしたいのならば、保険に早く加入すればするほど家計への負担は軽くなるということを覚えておきましょう。

学資保険の戻返率に注目してみましょう

戻返率が高ければ高いほどお得な保険といえるので、ぜひこの数字に注目してみましょう。保険料の支払いは、月払いよりも半年払い、さらに前期前納期払いといったように一気にまとめて保険料を支払うと戻辺率が上がっていきます。しかし、戻返率を上げたいがために無理をして一気に支払いしてしまうと後々お金がない!というようなことになりかねないので、余裕をもって支払える方法を選びましょう。

保障は住んでいる地域の医療助成内容を確認してから

学資保険に子どもの医療特約を付帯してしまうと、貯蓄率が下がり元本割れする可能性が出てくるため、よく検討する必要があります。子どもへの医療費は各自治体で助成されるため保障は最低限のものにするか、もしくは全く付けないという方法もあります。しかしながら、子どもへの助成内容は、各地域によりかなり差があるので住んでいる地域の子どもへの医療助成内容を確認してから、どうすべきか考えてみましょう。

学資保険選びで押さえておくべき3つのポイント

世の中には様々な学資保険が提供されています。どういう基準で選べばいいのかわからないということがないように、ここではどの保険が自分に合っているのか、学資保険を選ぶ際に押さえておくべき3つのポイントを紹介していきます。

合わせて読みたい

母子家庭で仕事を選ぶ時のポイント4つ 給料?子供?どっちが大事?
母子家庭は増加傾向にあり、母子世帯の半数以上が貧困状態にあると言われています。母子家庭は、過去25年間で1.5倍に増加しており、年間の平均就労収入が181万円と、世帯収入としてみると高いとは言えないのが現状です。 子育ても重要ですが、生活していくためには働かなくてはいけません。特に、小さい子ど...

貯蓄型重視か保障型重視どちらにするか

貯蓄型は払い込んだ保険料を貯めて、増やすことを目的とした保険です。保障型とは貯蓄を目的としたものと違い、保障(医療など)を重視した保険です。元本割れをしている保険はこちらの保証型を主軸にしたものと思っていいでしょう。かける保険はどちらに重点を置くかをよく考え、貯蓄型か保障型かを選択していきましょう。

月々の保険料は選ぶ際の大事な一つの基準

月々どのくらいの保険料であれば家計に負担がないかどうかをしっかり考えてみましょう。あまりに保険料が家計を締める割合が大きいようであれば加入することはあまり得策ではありません。保険料が高すぎて途中で解約などしてしまえば、元本割れを起こし元も子もありません。どの程度の保険料であれば、余裕をもって支払えるのか計画を立てどの保険にするか選びましょう。

満期の時期と祝い金の有無で決めてみる

学資保険は、保険金の給付のされ方に違いがあります。満期時に全額を受け取れるパターンや中学や高校へ進学した時に一部祝い金としてお金を受け取れるパターンなどがあります。どちらかを選ぶことで、どの保険に入るべきかが変わってきます。学資保険に入っておけば一安心ではなく、本当に必要な時にお金を受け取れるのか、戻返率が100%を切らない商品であるかということをしっかり検討しておきましょう。

おわりに

学資保険は、各社色々なものがあります。どの学資保険がいいのか保険料、戻返率と満期時期に注目しながら自分に合ったものを選んでいきましょう。そうすれば、この保険は子どものために大いに役立つものとなるはずです。

ピックアップ

退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。 ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせ...
妊娠が発覚したらまずはじめに行う3つのこと!
初めての妊娠が分かったとき、夫婦で喜び合ってワクワクすることでしょう。赤ちゃんの名前を考えたり、産まれた後の家族の生活をイメージしたりして幸せな気持ちになることもあります。 でも、同時に長い妊娠期間に何をすればいいか不安になる人も多いです。ここでは、妊娠が発覚したら何をすればいいのかを3つのポ...
出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもができたら学資保険に入るべき?知っておきたい学資保険のこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る