良ければシェアをお願いします。

芦田 愛菜ちゃん世代!2004年生まれの子役たちから目が離せない

古いカチンコ

2004年生まれの子役たちも今年で13歳、もう中学生になる歳でそろそろ子役から女優、俳優と呼ばれる年頃です。特に2004年生まれは天才子役の当たり年!とも言われています。2004年生まれと聞くだけでは、どんな子役がいるのか分からなくても、名前を聞くときっと一度はテレビやCMで活躍しているのを見たことある子たちばかりですよ。

スポンサーリンク

やっぱりこの子!芦田愛菜ちゃん

誰もが必ず一度は見たことがある芦田愛菜ちゃん、本当に演技が素晴らしいですよね。愛菜ちゃんの演技を見て引き込まれてしまったり、つられて一緒に泣いてしまったりした人もいるかもしれません。そんな天才子役と言われる愛菜ちゃんについてまとめました。

芦田愛菜ちゃんのプロフィール、芸歴

芦田愛菜ちゃんは兵庫県西宮市生まれ、東京都在住のタレントです。お母さんから「楽しそうだからやってみない?」と勧められたのがきっかけで、2007年3歳でプロダクションに入りましたが、最初の頃はオーディションに落ちて泣いたこともあったと言われています。4歳の時にはひらがなを全て読むことができ、幼稚園から小学校までには本を1か月で60冊読むこともあったようです。2009年の「ABC 家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”」で子役のデビューを果たしました。

愛菜ちゃんのおもな出演ドラマ、

芸能界デビューは2007年の3歳の時でしたが、2011年4月にテレビドラマ「マルモのおきて」でドラマ主演をし、人気子役としてブレイクします。さらに「うさぎドロップ」「阪急電車 片道15分の奇跡」に出演し、第54回ブルーリボン賞新人賞を、史上最年少で受賞するなど、様々なテレビや映画に出演し、大活躍しました。その後もハリウッドなど様々な場面で活躍していましたが、2016年夏に女優業を休業しました。

愛菜ちゃんのここがすごいポイント

3歳の頃から芸能界デビューを果たし、様々なドラマ、映画、歌手までこなしてきた愛菜ちゃんですが、実はかなり頭もいいのです。2016年の小学6年生の夏から勉強に専念し、もの凄い集中力を発揮して超難関学校である、私立慶応義塾中等部、また女子御三家の一つと言われる女子学院に合格したのです。才色兼備の芦田愛菜ちゃん、これからの成長も楽しみですね。

合わせて読みたい

自分の子どもを芸能界に入れたいと思ったらやるべき3つのこと
自分の子どもを芸能界に入れて活躍させたいけれど、何から始めればいいのか分からない。というお母さんも多いのではないでしょうか。芸能界で活躍するのは決して簡単なことではありません。子どもを芸能界へ入れるメリットやデメリットは何なのでしょうか。ここでは子どもを芸能界へ入れるためにやるべき事を3つお...

みんなの癒し、笑顔がかわいい鈴木福くん

鈴木福くんは「マルモのおきて」によって芦田愛菜ちゃんと一緒にブレイクし、有名になりました。大人っぽくてしっかりした印象の愛菜ちゃんとは対照的な印象の、子どもらしい子役ですね。小さい頃から芸能界にいるのに、すれておらずにあどけなさの残る、子どもらしい立ち振る舞いが和ませてくれます。

鈴木福くんのプロフィール、芸歴

東京都生まれ、東京都在住の鈴木福くんですが、わずが1歳で芸能界デビューを果たし、NHK「いないいないばぁ」でテレビに初出演しました。1歳11カ月の頃には太鼓を叩きながら歌うことができ、2歳の時に仮面ライダーになりきって椅子から大きくジャンプもしていたようです。福くん自身は滑舌が悪いことを気にしているようですが、そこもかわいらしいですね。

鈴木福くんのおもな出演ドラマ、映画

2010年、NHK連続テレビ小説の「ゲゲゲの女房」に出演し、その後2011年にドラマ「マルモのおきて」で芦田愛菜ちゃんと双子の役を演じ、一躍有名となりました。その時のドラマの主題歌だった「マル・マル・モリ・モリ!」でCDデビューを果たし、見事紅白にも出場しました。その後は「ドラえもん」「妖怪人間ベム」「一休さん」など、様々なドラマや映画、さらには声優としても活躍中の福くんです。

鈴木福くんのここがすごいポイント

福くんはわずか1歳で芸能界入りを果たしているせいか、演技をする時の集中力や切り替え方が凄いと共演者が多く語っています。例えば、「マルモのおきて」に出演した時に涙を流すシーンでははじめ、目薬をスタッフが用意していましたが、福くんは涙は自前でいきますと目薬を使うのを断り、共演者の阿部サダヲを驚かせました。また、本番の直前まで他の共演者と遊んでいたとしても、本番になると一気に役に入り込む様が凄いとも言われています。

合わせて読みたい

わが子をキッズモデルに!知っておきたい業界の天国と地獄
最近、子役ブームやキッズモデルなどが話題となり、子どもの活躍が目立つようになりました。しかし、いざ自分の子どもをキッズモデルにしようと思ってできるものなのでしょうか。プチプラから老舗まで、キッズモデルの募集を行うブランドは数多く存在します。そんなキッズモデルはどのように選ばれるのでしょうか。キッ...
わんことうさぎと共にわいわい暮らしている主婦です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
芦田 愛菜ちゃん世代!2004年生まれの子役たちから目が離せない
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る