足が痛い!? 2歳でも成長痛になる原因と対処法

スポンサーリンク

子どもの足

夜寝ていると子どもの「いた~い!」という泣き声で目が覚めた、ということはお母さんなら経験があると思います。「夜泣きかな?」と思ったけれど、よくよく話を聞いてみたら成長痛の症状だった、なんてことも。2~12歳のお子さんに多いのがこの「成長痛」です。小さい子は大人に比べて痛みに弱いです。そのため、成長痛のようなちょっとした痛みでもとても痛いと感じてしまいます。成長痛とわかっていても、あまり痛がられると少し不安になってしまいますよね。

今回は幼少期に起こる「成長痛」にスポットを当てていきます。症状が出た際の緩和方法などもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

成長痛とは?

不調な子ども

成長痛とは2~12歳くらいまで続く、成長する際に痛みを伴う疾患の総称です。特に膝や足首が痛くなるのが特徴です。実は医学的には解明されておらず、原因は不明とされています。昼間の場合もありますが、主に寝る前や寝ている場合に痛みを感じることが多く、痛みによって起きてしまったり泣いてしまったりすることがあるようです。「すごく痛がっていたし…」と思い、次の日の朝病院に連れて行ったものの、すでに痛みは治まっていて異常なしとの診断。このような一過性で不明な点が多い疾患が「成長痛」なのです。
合わせて読みたい

2歳児のイヤイヤ期を乗り越える、七つの効果的な方法
2歳を迎えるにあたって、かわいいかわいいと赤ちゃんの成長を見守ってきたママやパパにとって大きな壁となるのが「イヤイヤ期」です。はじめ...

成長痛になる原因

友達との関係

医学的に解明されていない成長痛ですが、現在考えられている原因は二つあります。

ひとつめは「日中たくさん動いたことによる負担が身体に影響を与えている」ということです。子ども、特に2、3歳くらいの子は何を見ても新鮮で、興味を持つ時期です。そのためたくさん身体を動かします。しかし、幼少期の身体は未発達な部分だらけ。子ども自身が思っているよりも身体は疲れているのです。その疲労が痛みを引き起こしてしまっているのではないかと考えられています。

よく「骨の成長が原因なのでは?」といわれることもありますが、人間の骨は痛みを感じるほど急激に成長しないといわれています。そのため、骨の成長とは無関係と考えられるでしょう。二つめは「精神的な負担が身体に影響を与えている」ということです。子どもは大人が考えている何倍も繊細な心を持っています。「お母さんが働くようになって一緒にいられる時間が減った」、「弟や妹が生まれて、自分に構ってくれなくなった」「友達とケンカした」など、つらいこと、さみしい思いを多く抱えることもあると思います。

そういったことをうまく発信できなかった場合に、成長痛として身体に影響が出てしまうのです。いわゆる「自律神経」が原因です。なお上記の原因以外にも、身体の冷えによる痛みも成長痛に似ているため注意してあげるようにしましょう。

漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
足が痛い!? 2歳でも成長痛になる原因と対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る