1歳の子を上手に寝かしつける三つの方法

寝かしつけ

1歳という年齢は、自意識の目覚めや身体の発達が起こってくる、子どもの発育の大切な時期で、十分な睡眠が必要です。しかし、子どもがなかなか寝ようとしないという悩みを持つ保護者の方も多いようです。

1歳児をスムーズに眠らせるためには、発育段階の特徴をふまえた寝かしつけの対策が必要です。上手に寝かしつけるために、三つの方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください!

上手な寝かしつけの方法1:眠るための儀式をつくる

絵本

子どもは1歳頃になると、ひとり歩きができるようになり行動範囲が広がります。さまざまなものに対する好奇心が旺盛になる反面、それまでの依存感覚から抜けきれないという過渡期にあたります。

子どもの自立の始まりとも言える1歳期は、ひとりでやりたがる行動が増えますが、急に不安になってしまうなど感情の波が激しいことが特徴です。就寝時になかなか寝ようとしないという行動は、自分ではまだコントロールできない感情の「もやもや」が心を不安定にするため、「寝るのがイヤ」という拒否反応となって表れてくるのです。

この「もやもや」をスッキリさせるために有効なのが、「眠るための儀式」をつくることです。子どもは眠るまでの家庭内の行動の流れがまちまちだと、なかなか落ち着いて寝てくれません。

まず、就寝に向かうまでの食事・お風呂といった日常行動の時間を決めてルール化し、「これをやったらそろそろ寝る時間だよ」という流れをつくることが大切です。そのうえで、子どもが寝床に入ってから絵本を読んであげたり、お気に入りのぬいぐるみを抱かせてあげたりするなど、眠るための儀式をつくりましょう。

自分の子どもの時代を振り返ってみても、寝る前によく親にしてもらった日常的な儀式・約束事の思い出があるものではないでしょうか? 子どもが寝床に入ってからの日常的な儀式づくりは、子どもが眠りへと導く生活習慣の中で眠るための特別なおまじないとなり、スムーズな寝つきへと導くのです。

合わせて読みたい

たまGoo!がおすすめする1歳児に読んであげたい本10選
たまGoo!がおすすめする1歳児に読んであげたい本10選
1歳になるとハイハイからヨチヨチ歩きになり、転びながらも少しずつ歩ける距離が長くなっていきます。自己表現も始まり、うまく言葉にできな...

上手な寝かしつけの方法2:眠りに入りやすい環境づくり

間接照明

二つめは環境づくりです。子どもが眠るための環境づくりには、就寝時の環境と、1日の行動によって形成される体内環境の二つを考える必要があります。

就寝時の室内は、眠りやすい暗めの照明と静かな環境づくりが大切です。眠くなるのは、脳から分泌される「メラトニン」というホルモンの作用によるものですが、まぶしい電灯やテレビの光は、メラトニンの分泌を妨げてしまいます。

就寝の1時間前にはテレビを消し、照明も穏やかな間接照明にするのが理想です。騒がしい物音は子どもを動揺させますから、寝る時はできるだけ静かになるよう、家族の協力も必要です。

メラトニンは太陽の光を浴びることで体内に形成されますが、脳が太陽光を感知してから約12~14時間後と分泌されるまで時間がかかります。1歳児の成長にとって望ましい睡眠時間は約12時間と長いため、起床時にいっぱい太陽の光を浴びるためにも、早寝早起きの習慣をつくっておくと、自然な睡眠サイクルが形成されて、スムーズな寝かしつけにつながります。

合わせて読みたい

ついに靴デビュー!1歳児の靴の失敗しない選び方はこれ!
ついに靴デビュー!1歳児の靴の失敗しない選び方はこれ!
「そろそろ靴デビューかな?」そんなとき、1歳児のママやパパが気になるのは、靴選びのポイントではないでしょうか。ファーストシューズはど...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
1歳の子を上手に寝かしつける三つの方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る